英語の不規則動詞一覧と覚え方、まぎらわしい不規則動詞まとめ

英語の不規則動詞一覧と覚え方、まぎらわしい不規則動詞まとめ

主な英語の不規則動詞の一覧と、不規則動詞の覚え方、まぎらわしい不規則動詞についてまとめました。

不規則動詞には過去形・過去分詞でも変化しないA-A-A型、原形と過去分詞が同じA-B-A型、過去形と過去分詞が同じA-B-B型、原形・過去形・過去分詞形が異なるA-B-C型があります。

一見不規則に変化するように見えますが、ある程度パターンに分類することもできます。こういうパターンがあるんだと一度覚えられれば、より不規則動詞が覚えやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

不規則動詞の一覧表

Ylanite KoppensによるPixabayからの画像

不規則動詞は原形、過去形、過去分詞が変化しないA-A-A型、原形と過去分詞が同じで過去形が変化するA-B-A型、過去形と過去分詞が同じ形のA-B-B型、原形・過去形・過去分詞すべてが異なるA-B-C型があります。

A-A-A型

原形 意味 過去形 過去分詞
cut 切る cut cut
hit 打つ hit hit
hurt 傷つける hurt hurt
let ~させる let let
put 置く put put
set 配置する set set
quit 止める quit quit
spread 広げる spread spread
split 分割する split split

A-B-A型

原形 意味 過去形 過去分詞
become ~になる became become
come 来る came come
overcome 克服する overcame overcome
run 走る ran run

A-B-B型

原形 意味 過去形 過去分詞
bring 持って来る brought brought
build 買う built built
buy 買う bought bought
catch 捕まえる caught caught
deal 扱う dealt dealt
feel 感じる felt felt
find 見つける found found
flee 逃げる fled fled
forget 忘れる forgot forgot
get 得る got got
have 持つ had had
hear 聞こえる heard heard
hold 持つ held held
keep 保つ kept kept
lay 横たえる laid laid
lead 導く led led
leave 出発する left left
lend 貸す lent lent
lose なくす lost lost
sleep 眠る slept slept
make 作る made made
mean 意味する meant meant
meet 会う met met
pay 払う paid paid
say 言う said said
seek 求める sought sought
sell 売る sold sold
send 送る sent sent
shoot 撃つ shot shot
sit 座る sat sat
spend 費やす spent spent
stand 立つ stood stood
teach 教える taught taught
tell 伝える told told
think 思う thought thought
understand 理解する understood understood
win 勝つ won won

A-B-C型

原形 意味 過去形 過去分詞
am/are/is である、いる was/were been
begin 始める begin begun
break 破れる broke broken
choose 選ぶ chose chosen
do する did done
draw 描く drew drawn
drink 飲む drank drunk
drive 運転する drove driven
eat 食べる ate eaten
fall 落ちる fell fallen
fly 飛ぶ flew flown
forget 忘れる forgot forgotten/forgot
forgive 許す forgave forgiven
get 得る got gotten/got
go 行く went gone
grow 成長する grew grown
hide 隠す hid hidden
know 知っている knew known
lie 横たわる lay lain
mistake 間違える mistook mistaken
ride 乗る rode ridden
rise 昇る rose risen
see 見える saw seen
sew 縫う sewed sewn/sewed
show 見せる showed shown
sing 歌う sang sung
sow 種をまく sowed sown/sowed
speak 話す spoke spoken
swim 泳ぐ swam swum
take 取る took taken
throw 投げる threw thrown
tear 引き裂く tore torn
woke 起きる wake woken
wear 着ている wore worn
write 書く wrote written

スポンサーリンク

不規則動詞の覚え方

不規則動詞は上の一覧で紹介したようにA-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型などに分けられます。

不規則動詞といってもある程度パターンに分けられます。

さらにA-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型にはそれぞれ特徴やある程度決まったパターンがありますので、それらを頭に入れておけばより不規則動詞の活用が覚えやすくなるでしょう。

覚え方ポイント

  • 書いて覚える
  • 読んで覚える
  • まずはA-A-A型、A-B-A型を覚える
  • A-B-B型、A-B-C型でよく出るパターンのものを覚える

A-A-A型

A-A-A型t、dで終わる動詞が多いです。

上で紹介したいものでも、cut、hit、hurt、let、put、set、quit、spread、split…、すべてtやdで終わっています。

ただしtやdで終わる動詞すべてがA-A-A型とは限りません。buildやgetはA-B-B型ですし、visit、twistは不規則動詞ではなく規則動詞です。

A-B-A型

A-B-A型はcomeとrunと覚えておけばOKでしょう。

come、become、overcomeのように「come」を含んでいると過去形はcomeがcameに、過去分詞は原形と同じです。

A-B-B型

A-B-B型の不規則動詞はいくつか似たパターンの変化をするものがあります。

ay-aid-aid型

  • pay-paid-paid
  • say-said-said
  • lay-laid-laid

saidはセイドではなく「セッド」と発音します。

ought型(buy, bring,think, fight)

過去形・過去分詞で最初の母音以降がoughtになるタイプです。

  • bring-brought-brought
  • buy-bought-bought
  • think-thought-thought
  • fight-fought-fought

aught型(catch, teach)

過去形・過去分詞で最初の母音以降がaughtになるタイプです。

  • catch-caught-caught
  • teach-taught-taught

ee(oo)+子音型

feel、keep、sleepなどの「ee+子音」で終わる動詞は、felt、kept、sleptのように母音を1つ減らして最後に「t」がつきます。

  • feel-felt-felt
  • keep-kept-kept
  • sleep-slept-slept

もともとtで終わる次の動詞は、母音が1つ減ります。

  • meet-met-met
  • shoot-shot-shot

ea+子音型(leave, mean, deal)

「ea+子音」⇒「ea+子音+t」のように語尾にtがつくタイプです。(leaveはveがfに変化しますが)

  • leave-left-left
  • mean-meant-meant
  • deal-dealt-dealt

meantは「メント」、dealtは「デルト」と発音します。

stand型

  • stand-stood-stood
  • understand-understood-understood

A-B-C型

A-B-C型の不規則動詞でも、いくつか似たパターンの変化をするものがあります。

過去形では母音の一部が変わったり、過去分詞ではnで終わるものが多いです。

go-went-goneのように原形から想像できない過去形があったりしますが、wentの場合wend(行く)という別の単語の過去形があてられています。

i-a-u型

in-an-unまたはim-am-umと変化するタイプです。

  • drink-drank-drunk
  • begin-began-begun
  • sing-sang-sung
  • swim-swam-swum

ewーown型

  • know-knew-known
  • fly-flew-flown
  • grow-grew-grown
  • throw-threw-thrown

ちなみにflowは規則動詞です。

drawは過去はdrewですが、過去分詞はdrawnとなります。drownは「おぼれる」という意味の規則動詞です。

  • draw-drew-drawn

eak-oke-oken型

  • speak-spoke-spoken
  • break-broke-broken

get型

  • get-got-gotten/got
  • forget-forgot-forgotten/forgot

過去分詞が2パターンありますが、「gotten」はアメリカ英語で使われています(最近はイギリス英語でも)。

ただしI’ve got ~(~を持っている)というときは、gottenはあまり使われません。

give型

  • give-gave-given
  • forgive-forgave-forgiven

take型

  • take-took-taken
  • mistake-mistook-mistaken

まぎらわしい不規則動詞と規則動詞

「lay」は横たえるという意味の動詞ですが、lie(横たわる)の過去形も「lay」になります。このような同じつづり、あるいは似たつづりのまぎらわしい不規則動詞・規則動詞を紹介します。

lieとlay

lie(横たわる)はABC型の不規則動詞、lie(嘘をつく)は規則動詞、lay(横たえる)はABB型の不規則動詞です。高校英語以上の範囲ですが、私立の高校入試でも出題されることがあります。

  • lie(横たわる)lay lain
  • lie(嘘をつく)lied lied
  • lay(横たえる)laid laid

drawとdrown

  • draw(描く)drew drawn
  • drown(おぼれる)drowned drowned

seeとsawとsewとsow

  • see(見える)saw seen
  • saw(のこぎりでひく)sawed sawed/sawn
  • sew(縫う)sewed sewn/sewed
  • sow(種をまく)sowed sown/sowed

まとめ

不規則動詞は(例外もありますが)A-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型に大まかに分けられます。

A-A-A型、A-B-A型の不規則動詞は少ないので覚えやすいですが、A-B-B型、A-B-C型は一覧を見てもかなり数が多いのがわかります。

しかしA-B-B型、A-B-C型の中でも、一定のパターンで過去形・過去分詞が変化しているものもあります。

まずは一定のパターンのものを覚えてしまい、その他のものを覚えるというのも一つの手段でしょう。あとはまぎらわしい不規則動詞(規則動詞)にも注意してください。

英語カテゴリの最新記事