中学歴史 江戸時代の交通・産業・都市まとめと問題

中学歴史 江戸時代の交通・産業・都市まとめと問題

今回は江戸時代の交通・産業・都市について学習します。

江戸時代、家康が五街道を整備し、脇街道が作られて宿場が増えました。また年貢の輸送のために海路も発達、新田の開発や流通も進み、産業が発展、江戸・大阪・京都の三都も栄えました。

江戸時代の交通手段(五街道や航路)、農業、各地の特産物、都市の発展について確認しておきましょう。

スポンサーリンク

江戸時代の交通

 

江戸時代になるとは陸、海の交通が整備され、人、モノの移動が活発になりました。

五街道と陸の交通

徳川家康により、江戸(日本橋)を起点とした5つの道路が整備されました。

五街道 起点~(経由)~終点
東海道(とうかいどう) 江戸~(小田原・浜松・駿府)~京都
中山道(なかせんどう) 江戸~(下諏訪・草津で東海道と合流)~京都
甲州街道(こうしゅうかいどう) 江戸~(甲府)~下諏訪
日光街道(にっこうかいどう) 江戸~(宇都宮)~日光
奥州街道(おうしゅうかいどう) 江戸~(宇都宮)~白河

五街道は参勤交代などの公道として使われました。

旅人が行き来する脇街道や、宿場(しゅくば)も発達しました。

  • 【本陣、脇本陣】大名、幕府の役人、公家が泊まる宿場
  • 【旅籠(はたご)】一般の人が泊まる宿場

幕府は関所を置いて江戸の防衛のために「入鉄砲と出女」を監視しました。(入鉄砲=江戸への鉄砲流入、出女=大名の妻)

箱根(神奈川県)、新居(あらい、静岡県)、碓氷(うすい、群馬県)、福島関所が有名です。

また江戸時代には飛脚(ひきゃく)が活躍、宿場ごとにリレー式に手紙、お金、為替などを運びました。

江戸時代の航路

年貢や特産品などの重い荷物を運ぶために、西廻り航路、東廻り航路、南海路など海上交通も整備されました。

航路名 航路・船・輸送していたもの
東廻り航路 江戸~東北地方(太平洋を通る)、年貢米や特産物の輸送
西廻り航路 大坂~日本海沿岸、北前船(きたまえぶね)、年貢米や特産物の輸送
南海路 江戸~大阪間、菱垣廻船でしょう油や油、樽廻船で酒樽などを輸送

商人の河村瑞賢(かわむらずいけん)により東廻り航路、西廻り航路が開発、全国の港に米や特産物が運ばれるようになりました。(特に西廻り航路が発達)

江戸と大阪を結ぶ菱垣廻船(ひがきかいせん)、樽廻船(たるかいせん)が活躍、菱垣廻船はしょう油や油、木綿を中心に、樽廻船は酒樽を中心に運んでいました。

樽廻船は菱垣廻船より安い運賃でした。天保の改革以降は菱垣廻船が衰え、樽廻船が主流になりました。

スポンサーリンク

江戸時代の産業

江戸時代には新田開発が進められ、農業技術が発展しました。貨幣が流通し、商品作物が作られるようになります。

新田開発

幕府や藩は米の確保のために新田開発(用水路、干拓など)を奨励しました。

備中ぐわ、千歯こき(脱穀に使う)、千石どおしなど農具が開発され、油かすやほし鰯(か)などの肥料が使われるように。米の生産性を高め、江戸時代は耕地面積が大幅に増えました。

商品作物の栽培

都市では織物、菜種油絞りなどの手工業が発展、農村ではその原料になる商品作物の栽培が広がりました。

主な商品作物…桑、漆、木綿(河内・三河など)、藍(阿波)、紅花(出羽)

貨幣経済の発達もあり、商品作物を売って農村にも貨幣が流通しました。

幕府は金座、銀座、銭座をつくり、貨幣制度を統一しました。

金座→金貨(小判)、銀座→銀貨、銭座→寛永通宝

幕府は鉱山を管理、貨幣の材料や輸出品にしました。

金山→佐渡(新潟県)、伊豆(静岡県)、銀山→石見(島根県)、生野(兵庫県)、銅山→足尾(栃木県)

各地の特産物

江戸時代には各地で次のような特産物が生まれました。

・陶器(有田焼、九谷焼、清水焼など)

・漆器(輪島塗、会津塗など)

・製紙(越前など)

・絹織物(西陣織)

・木綿(三河木綿、河内木綿)

問屋制家内工業から工場制手工業へ

農村では副業として商品作物を作るように、問屋商人が百姓に資金や道具を与えて家内工業を行わせる問屋制家内工業(問屋制手工業)が始まりました。

問屋制家内工業では生産が追いつかなくなると、一箇所に人を集めて分業・協業で生産力を高めるようにしました。これを工場制手工業といいます。

江戸時代の都市の発展

江戸、大阪、京都三都と呼ばれ、栄えました。

  • 江戸 … 「将軍のおひざもと」政治の中心地
  • 大阪 … 「天下の台所」商業の中心地、蔵屋敷
  • 京都 … 文化の中心地

蔵屋敷

蔵屋敷は大阪や江戸、長崎などに作られた、年貢米や特産物を保管した倉庫です。特に大阪に多くありました。蔵屋敷では販売も行われ、米や特産物が現金に換えられていました。

株仲間

幕府や藩から許可を得て、商人たちは「株仲間」を作り、営業の独占が認められました。営業の独占が認められる代わりに幕府や藩へ税を納めました。

両替商

東日本では金が、西日本では銀が主に流通し、三都を中心に金銀の交換が行われる両替商が繁栄しました。両替、金貸し、その他銀行のような業務を行っていました。

特に江戸の三井家(初代が三井高利越後屋という呉服屋も)、大阪の鴻池家が有名で、大名にもお金を貸していました。

【問題編】江戸時代の交通・産業・都市

問1 五街道を全て答えなさい。

答えを確認

問2 五街道のうち、江戸から高崎、下諏訪など通って、京都まで続く街道を何というか。

答えを確認

問3 街道の途中には参勤交代の大名や家臣、旅人が泊まるために、本陣、脇本陣、旅籠などの(      )が置かれた。(      )に入る語を答えなさい。

答えを確認

問4 幕府は江戸の防衛のために、箱根や碓氷、新居などに何を設けたか。

答えを確認

問5 年貢などを船で輸送するための、東廻り航路、西廻り航路を開発したのは誰か。

答えを確認

問6 江戸~大阪間で主に酒を運んでいたの定期船を何というか。

答えを確認

問7 江戸時代に開発された農具で、脱穀に使われたのは何か。

答えを確認

問8 出羽の紅花、河内の木綿など、商品として売ることを目的に栽培された作物を何というか。

答えを確認

問9 江戸時代に幕府は銭座で銅貨として何を作らせたか。

答えを確認

問10 幕府は鉱山を管理し、新潟県の(      )金山、島根県の(      )銀山、栃木県の(      )銅山などの開発が進められた。(      )に入る名称を答えなさい。

答えを確認

問11 江戸時代、年貢米や特産物を保管、販売した倉庫を何というか。

答えを確認

問12 政治の中心地である江戸は、何と呼ばれたか。

答えを確認

問13 商業の中心地である大阪は何と呼ばれたか。

答えを確認

問14 幕府に営業の独占権が認められた、商人の同業者組織を何というか。

答えを確認

問15 江戸時代に発達した、金銀の交換、金貸しなどを行う商売を何というか。

答えを確認

まとめ

江戸時代には交通の整備が進められ、産業が発展、特に三都が栄えました。新田開発がすすめられ、農具が開発、米の生産量が増加しました。さらに商品作物が作られるようになり、各地で特産品へと発展していきました。

蔵屋敷、株仲間、両替商も江戸時代の重要キーワードです。

また五街道や航路、鉱山などは地図と合わせて出題されることが多いです。各街道や航路、鉱山の位置も確認しておくのがおすすめです。

次の単元

社会の目次はコチラ→

歴史カテゴリの最新記事