小学生が基礎から学べるプログラミング【ビジュアルプログラミング】

小学生が基礎から学べるプログラミング【ビジュアルプログラミング】

小学校でもプログラミングが必修化になることが話題となっていますが、実際には難しいプログラミング言語を直接扱うわけではありません。

小学校でプログラミング学習をする目的は「論理的思考」を養うことで各教科や「より良い人生」を歩む手助けとすることです。そのために「ビジュアルプログラミング」を用いることも文部科学省の手引書で触れられています。

一般のプログラミングは難しいですが、ビジュアルプログラミングはプログラミング言語の基礎を簡単に楽しく学ぶことができます。

小学生にもおすすめされているビジュアルプログラミングとはどのようなものなのか、ビジュアルプログラミングを学ぶ方法についても見ていきます。

スポンサーリンク

プログラミングの基礎が学べる「ビジュアルプログラミング」

MochoによるPixabayからの画像

ビジュアルプログラミングとはキーボードでテキスト(プログラミング言語)を入力するのではなく、オブジェクトを動かしてプログラミングをするものです。

一般的なプログラミング言語だと下の画像のようなイメージですが、

Christopher KuszajewskiによるPixabayからの画像

ビジュアルプログラミングだと難しいテキストの入力はなく、下の例のようにブロックを組み合わせたり、簡単なテキスト入力で操作したり、自分で描いた絵を動かしてプログラミングの基礎を学ぶことができます(画像はScratch。)

ちなみに上のブロックをつなげると、下のようなアニメーションができました。

こちらは単純な動きでしたが、ブロックをたくさんつなげることでより複雑な動きをさせることができたり、ゲームを作ることもできます。キャラクターや背景もいろいろ用意されています。

こういったビジュアルプログラミングなら直感的に操作が理解しやすく、特にゲームが得意なお子さんならすぐにマスターしやすそうです。楽しいゲームを開発することもできそうですね。

スポンサーリンク

ビジュアルプログラミングの種類

プログラミングの基礎を楽しく学べる「ビジュアルプログラミング」にもいくつか種類があります。その中でも無料で利用できるものを3つ紹介します。

Scratch(スクラッチ)

上でも紹介したScratch(スクラッチ)は代表的なビジュアルプログラミングで、マサチューセッツ工科大が開発したものです。

画像出典:Scratch公式サイト

ブロックをドラッグして組み合わせたり、簡単なテキスト入力でキャラクターを動かすことができます。キッズ向けのプログラミング教室でも利用されていて、世界中で利用されています。

公式サイト:Scratch

プログラミン

プログラミンは文部科学省が開発した子供向けのプログラミングで、宇宙兄弟とのコラボでも話題に。大人の方も夢中になっているようです。洗練されたデザイン、ちょっとした動きで音も鳴るのでゲームをしている感覚で子どもたちが取り組みやすそうです。

画像出典:プログラミン公式サイトより

プログラミンで作ったゲームも動画で公開されています。

公式サイト:文部科学省「プログラミン」(http://www.mext.go.jp/programin/)

VISCUIT(ビスケット)

VISCUIT(ビスケット)は他のビジュアルプログラミングとは違い、自分で描いた絵を動かすビジュアルプログラミングです。2003年にNTTの研究で開発されたプログラミングで、「粘土」で遊ぶのと同じような感覚で、気軽に楽しみながら学べるビジュアルプログラミングです。

下の画像のようにマウスやペンタブ、指で絵を描き、

「メガネ」に描いた絵をドラッグすると、

下のようなアニメーションができます。

クリックしたら右に泳ぐ、などの動きもメガネにイラストをドラッグして作ることができます。

下の映像のように簡単にシューティングゲームも作れてしまいます。

公式サイト:ビスケット(Visucuit)

小学生がビジュアルプログラミングを学ぶ方法は?

上で紹介したビジュアルプログラミングのサイトはすべて無料で利用することができます。各公式サイトやYou Tubeで紹介されている動画などを参考にするだけでも、ビジュアルプログラミングを学ぶことができます。

しかし小学生だけでは難しかったり、プログラミングにくわしくない保護者の方だとお子さんにいろいろ質問されると大変かもしれません。

そのような場合は書籍やオンライン教室を利用するのもおすすめです。

書籍

スクラッチを家で学習したいご家庭なら『できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門』などがおすすめです。

プログラミンなら『つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門』など。

ビスケットなら『ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング』などが人気が高いです。小学生低学年や幼稚園のお子さんに教えるのにも使いやすいそうです。

オンラインスクール

子ども向けのプログラミング教室も多数開校していますが、オンラインのプログラミング教室なら比較的お手頃な価格で学ぶことができます。

D-SCHOOLオンラインの「英語&プログラミングコース」「ゲーム制作コース」などがあります。英語&プログラミングコースは14日間の無料体験もあります。(他にも子どもたちに人気のマイクラを使った「マイクラッチコース」「マイクラッチJrコース」で無料体験あり。)

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

まとめ

一般のプログラミングは難しい言語の記述が必要となりますが、「ビジュアルプログラミング」は絵やブロックなどを利用して直感的に動かしやすいプログラミングです。

そのため小学校低学年のお子さんでも取り組みやすいのが特徴です。直感的にプログラミングすることができるので、机に向かって勉強するのが苦手というお子さんでもゲーム感覚で楽しめます。

どうしたら自分の動かしたいように動かせるんだろう?といろいろ考えることが論理的思考力を鍛えることにもつながり、他教科の理解を深めることでしょう。また「本格的にプログラミングを勉強したいな」と思うきっかけにもなるかもしれませんね。