日能研(首都圏)でかかる費用は?【2年間・3年間・4年間通うと?割引制度や費用を抑える方法】

日能研(首都圏)でかかる費用は?【2年間・3年間・4年間通うと?割引制度や費用を抑える方法】

Nのバッグと「シカクいアタマをマルくする」おなじみ、日能研は中学受験専門の予備校です。予科は3年、本科は4年からスタートします。他の大手進学塾と比較すると中堅から難関まで幅広く実績を出していること、復習重視型であるのが特徴です(四谷大塚は予習型)。席は成績順、成績ごとにクラス分けがあります。

校舎によってカラーは変わると思いますが、個別指導の塾講師をしている筆者の知っている限りでは競争をそれほど煽らない、割と穏やかな雰囲気の塾という印象です。首都圏の日能研の場合本部系と関東系があり、どちらかというと本部系の方が緩やかという話を聞きますが、関東系もそれほど(課題はそれなりに出されますが)指導が厳しい、張り詰めた雰囲気という話は生徒からは聞きません。

実績もあり雰囲気も良さそうな日能研、通ったらどれぐらい費用がかかるんだろう?と気になる方に、日能研でかかる費用をまとめました。よろしければご参考に。

この記事に掲載している費用は、’21年9月4日時点での、日能研公式サイト内立川校舎のデジタルパンフレットを参考にしています。教材費・テスト費は公式のFAQ(まるわかりガイド)記載の料金と若干異なるものがあるので、校舎により違いがあるかもしれません。正確な料金は各校舎にお問い合わせください。

日能研(首都圏)でかかる費用は?

首都圏の日能研の場合、予科(3年生)から通う260~340万円、本科(4年生~6年生)の3年間通うと2科で230~310万円程度かかります。授業料や講習会費が割引になる制度もあります。

トータルで考えると結構かかる・・・・という印象ですが、月々や学年ごとでどれぐらいかかるのか、内訳もご紹介していきます。

こちらに記載の料金は立川校舎のデジタルパンフレットを参考にしています。本部系の日能研はクラスがR/G/W、関東系は(TM)/M/Aに分けられますが、立川校舎は関東系となってます。年度や校舎によりテスト費、教材費、講習費が異なるかもしれませんので、詳細は各校舎までお問い合わせください。

日能研 3年生でかかる費用は?

’21年度の日能研の予科(3年生)の月額授業料は10,450円、毎月のテスト代は2,750円、予科の入会金は11,000円です。入会金、教材費、講習会費込みで約22万円かかります。3年生の間は割と授業料がお手頃です。国語・算数の2教科で1回70分の授業が週2回、週1回(1科目)からも受け付けています。

3年生年間の費用(2科)

入会金 11,000円
授業料 114,950円
テスト代 30,250円
教材費(前期) 9,020円
教材費(後期) 8,690円
春期講習(2科) 9,790円
夏期講習(4科) 20,680円
冬期講習 15,730円
年間計 220,110円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

日能研 4年生でかかる費用は?

’21年度の日能研本科4年生の月額授業料は4科20,900円/2科15,675円、テスト費は1回あたり4科3,300円、2科2,750円かかり、テスト19回と公開模試8回の合計27回分がかかります。本科(4~6年)の入会金は22,000円です。入会金、教材費、講習会費込みで4科で約47万円、2科で約35万円かかります。

4年生でも週2回ですが、授業は1日2コマ140分になります。2科生は1コマだけの日があります。週2日なら習い事も続けられそうです(家庭学習は大変になりますが)。テストの回数も増えるので、4科が負担であれば通常は2科、講習会は4科とるという受講の仕方もありでしょう。

4年生年間の費用(4科)

入会金 22,000円
授業料 229,900円
テスト代 62,700円
公開模試代 26,400円
教材費(前期) 23,771 円
教材費(後期) 22,077 円
春期講習 15,070円
夏期講習 38,720円
冬期講習 28,050円
年間計 468,688円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

4年生年間の費用(2科)

入会金 22,000円
授業料 172,425円
テスト代 52,250円
公開模試 22,000円
教材費(前期) 16,797円
教材費(後期) 17,017円
春期講習 9,790円
夏期講習 23,870円
冬期講習 16,940円
年間計 353,089円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

日能研 5年生でかかる費用は?

’21年度の日能研の本科5年生の月額授業料は4科26,334円/2科19,228円、テスト費は1回あたり4科3,850円、2科2,750円かかり、テスト19回と公開模試12回の合計31回分がかかります。本科(4~6年)の入会金は22,000円です。入会金、教材費、講習会費込みで4科で年間約70万円、2科で約49万円になります(※)。テスト費、教材費に加え、講習会費が5年からは大幅に上がります。(別途算数・国語・理科の単科講座もあります。)

※たまプラーザ校舎のパンフレットでは必須の特別講座もあり、4科で約79万円、2科で約56万円と記載がありました。

授業は週3回で週6コマ(1日140分)、単科講座も入るとかなりハードに感じるかもしれません。テストの回数も増えます。家庭学習もあるので習い事も少しセーブが必要な時期でしょうか。

5年生年間の費用(4科)

入会金 22,000円
授業料 289,674円
テスト代 73,150円
公開模試代 46,200円
教材費(前期) 33,000円
教材費(後期) 30,822円
春期講習 26,840円
夏期講習 118,030円
冬期講習 56,980円
年間計 696,696 円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

5年生年間の費用(2科)

入会金 22,000円
授業料 211,508円
テスト代 52,250円
公開模試代 33,000円
教材費(前期) 19,426円
教材費(後期) 19,316円
春期講習 16,280円
夏期講習 78,540円
冬期講習 34,760円
年間計 487,080円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

日能研 6年生でかかる費用は?

’21年度の日能研の本科6年生の月額授業料は4科Mクラス42,768円・Aクラス32,076円/2科22,770円、テスト費は1回あたり4科は3,850円(公開模試は後期5,500円)、2科2,750円(公開模試は後期4,400円)かかり、テスト29回と公開模試11回の合計40回分がかかります。

本科(4~6年)の入会金は22,000円です。入会金(6年から入会は少数だと思いますが一応入れました)、教材費、講習会費込みで4科で年間約110~120万円台、2科で約72万円が目安になります。Mクラス(発展クラス)は特に前の学年よりもぐんと授業料が上がります。

6年生になると授業が週4回、日特も始まりテストも増えてよりハードになります。勉強漬けの日々ですが学習意欲もキープでき、授業についていければ大きく力を伸ばすことができるでしょう。

6年生年間の費用(4科)

入会金 22,000円
授業料 M427,680円 /A320,760円
テスト代 111,650円
公開模試代 50,600円
日特(前期) 71,236円
日特(後期) 65,120円
教材費(前期) 37,290円
教材費(後期) 42,482円
春期講習 62,370円
夏期講習 172,260円
合格力ファイナル M 157,630円/A 145,860円
年間計 M 1,220,318円
A 1,101,628円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

6年生年間の費用(2科)

入会金 22,000円
授業料 227,700円
テスト代 79,750円
公開模試代 38,500円
日特(前期) 35,882円
日特(後期) 32,560円
教材費(前期) 22,176 円
教材費(後期) 27,896円
春期講習 39,930円
夏期講習 112,970円
合格力ファイナル 84,040円
年間計 723,404円

(参考:日能研 立川校舎デジタルパンフレット)

日能研に4年間・3年間・2年間通うと費用は?

日能研に予科(3年2科)から4年間通った場合、4年から3年間通った場合、5年から通った場合で合計金額を出してみました。別途入会金(予科11,000円、本科22,000円)がかかります。

2~4年間通った場合の費用(3年生2科→本科はずっと4科または2科の場合)

3年から4年間 4科M 3,413,421円
4科A 3,294,731円
2科 2,588,201円
4年から3年間 4科M 3,071,332円
4科A 2,952,642円
2科 2,246,112円
5年から2年間 4科M 2,396,636円
4科A 2,277,946円
2科 1,781,032円

3年生からだと260~340万円、4年生からだと230~310万円、5年生からだと180~240万円程度かかります。大手進学塾の中でも一般的な料金でしょう。

6年次は通塾回数も極端に増え、全体的に料金もかなり高くなります。体力的に厳しい、習い事との両立が難しい、長時間塾に缶詰め状態はうちの子の場合必要ないかな・・・というご家庭は、新6年からより負担の少ない塾に転塾するという手段もあるでしょう。お子さんが新しい環境に適応できるかどうかという問題もあるので、ご家族でよく検討の上での判断が必要にはなります。

日能研の割引制度は?

日能研ではさまざまな割引制度があります。きょうだい、卒業生のお子さんやお孫さん、ユリウスやユーリカユーリカ!きっず生対象の割引制度、いわゆる特待生制度もあります。

  • 弟妹生割引・・・予科教室・本科教室・期間講習・オプション講座の授業をごきょうだいで同時受講すると、弟・妹の授業料が半額に
  • 卒業生割引・・・予科、本科ともに入会金が半額に
  • 日能研プラネット(ユリウス)、ユーリカ!きっず会員・・・入会金予科は免除、本科は半額に
  • 日能研ユースリーダーズ・スカラシップ・・・日能研の授業料や講習会費、各種テスト費、教材費などが免除(4年生は1年間、5・6年生は半年間)

日能研ユースリーダーズ・スカラシップは、高い学力の資質と意欲のあるお子さんを対象にしていると公式サイトで記載されてます。詳細は各校舎まで・・・ということになっていますが、日能研のテストを受けたご家庭のブログによると、4年生は年3回の全国テストで1回でも成績優秀者に、5年生前期は4年時の全国公開テストの平均偏差値、5年後期以降は直近半年間の平均偏差値が基準を上回れば認定がもらえるという情報もありました。(詳細はコチラのブログをご覧ください。⇒ 娘ふたりの中学受験記

日能研の費用を抑える方法は?

上で紹介した割引制度がご利用になれるご家庭なら費用を抑えることが可能です。ご両親とも日能研を利用したこともなく、中学受験も初めてというご家庭も少なくはないでしょう。

ご家族の方がある程度中学受験のご指導やフォローが可能なら、3,4年生のうちは家庭学習で新5年から通塾したり、5年までは国算の2教科のみで理社は講習やテストのみ、新6年からは4教科で通塾することで、多少費用を抑えることも可能です。もちろん小学生のお子さんだとそれまでの家庭学習の習慣、受験への意欲に大きく左右されます。

  • 割引制度を利用する
  • スカラシップ認定を目指す
  • 3,4年生のうちは家庭学習→新5年から通塾
  • 5年までは2教科のみ受講、新6年から4科受講

通塾前に通信教育もおすすめ!

PR

本格的に通塾するまで通信教育を利用するのもおすすめ。Z会の中学受験コースは難関中対策におすすめですが、3、4年生のうちはそこまでハイレベルではありません。映像授業もついています。




⇒ Z会の通信教育「中学受験コース」でかかる費用は?

難易度が高いのはちょっと・・・というご家庭は、基礎からわかりやすく教えてくれる進研ゼミ(考える力・プラス中学受験講座)がおすすめです。



⇒ Z会と進研ゼミの中学受験講座を比較

まとめ

日能研(首都圏)の費用について見てきました。ご家庭の教育費ご予算にもよりますが、少々あるいはかなり「お高い」と感じた方は多いかもしれません。費用を抑える方法、参考になれば幸いです。なお授業料は共通ですが、校舎により多少費用・コースに違いがありますので、費用の詳細は各校舎までお問い合わせください。

⇒日能研の公式サイトはコチラ