塾と家庭教師はどっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットと多様化する塾・家庭教師について

塾と家庭教師はどっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットと多様化する塾・家庭教師について

1人で勉強するのは大変そう、塾か家庭教師どちらか合う方を利用したい。でもどっちがお子さんに良いかわからない・・・とお悩みでしょうか?

長年個別指導塾で小中学生への指導経験がある筆者が小中学生のご家庭に向け、塾と家庭教師はそれぞれどんなお子さんに向いているのか、塾と家庭教師それぞれのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

塾と家庭教師どっちがおすすめ?【それぞれのメリット・デメリット】

塾と家庭教師のどちらが良いかは、お子さんの学習状況や性格、どんな指導を求めているかによって変わってきます。塾は集団と個別では性格がかなり異なるので、分けて考えた方が良いです。

※ここでいう集団塾は主に4教科や5教科を教える塾(進学塾)を指します。

  • 集団塾⇒学校の成績が良いお子さん、集団の中の方が伸びるタイプのお子さん向け
  • 個別指導塾⇒家庭学習の習慣がある、質問したい、部活・習い事と両立したいお子さん向け
  • 家庭教師⇒マンツーマンで指導を受けたい、1人の方が集中できるお子さん向け

学校での成績が良い方のお子さんなら合格実績の高い集団塾、集団の中で勉強する方が伸びるタイプ(1人だと意欲がわかないタイプ)のお子さんなら集団塾、わからないことを先生に質問したい、お子さんやご家庭の要望に合わせた指導をしてほしいなら個別指導塾や家庭教師がおすすめです。

実際、個別指導塾で成績が上がり自信をつけたお子さんが、集団塾に行ってしまったことが何回かありました。(寂しいですが)そのお子さんには集団塾の方があってるだろうな~と思うことは多々あります。こう書くと成績が良くないお子さんは個別指導塾と思われるかもしれませんが、個別は成績の良し悪しより「1人で勉強できるお子さん」に向いています

個別指導塾と家庭教師はどちらも「個別」に指導する点は共通ですが、マンツーマンより費用を抑えて自習室や塾の学習イベントも利用したいなら個別指導塾、マンツーマン指導で通塾の負担をなくしたいなら家庭教師が向いているでしょう。

といっても最近は塾も家庭教師も多様化してきたので上のように一概には言えません。最近の塾や家庭教師の事情については後の章でくわしくご説明します。

集団塾と個別指導塾、家庭教師の特徴も確認しつつ、それぞれのメリット・デメリットを整理してみました。

集団塾のメリット・デメリット

集団塾は次のようなメリット・デメリットがあります。

基本先取り、早い時期から入試対策に取り組める

集団の中で切磋琢磨できる

自分の学力状況がわかりやすい

指導のノウハウがある

指導力が高い(プロ講師が多い)

×わからないところがそのままになる

×帰りに友達と遊んでしまう

×自分の都合に合わせられない

×途中から入塾するとついていくのが大変

集団塾の方針やクラスによって異なることもありますが、いわゆる進学塾だと先取り型で学校で習わないようなレベルの問題も扱ったり、入試に向けた対策を早い時期からスタートします。

テストも頻繁にあるので自分がどれぐらい集団の中で実力があるのか意識でき、モチベーションを上げるきっかけにもなります。

学校での成績は優秀・・・というほどでなくても集団塾ではクラス分けされることが多いので、難しすぎないレベルでリードしてもらえます。家で1人で勉強するのが無理なお子さんも、場の力でイヤでも勉強に気が向きやすいでしょう。

一般的に集団塾はプロ講師が指導するところが多いです(学生が教えてる塾もあります)。指導実績のあるカリキュラムでの指導で、レベルの高い指導が受けられます。

集団指導のデメリットはわからないところがそのままになってしまいがちなところ。個別対応してくれる塾も増えましたが、自分から積極的に質問しないといけません。

また基本的に塾の時間に合わせて予定を立てる必要がありますし、合わない先生に当たってしまっても変えることはできません。塾や先生が宿題を大量に出す方針ならそれに合わせないといけません。集団塾の場合途中から入塾するとすでにカリキュラムが進んでいるので、授業についてくのが大変です。

個別指導塾のメリット・デメリット

個別指導塾は次のようなメリット・デメリットがあります。

わからないところを質問しやすい

相性の良い先生を考慮してもらえる

一人ひとりに合わせたカリキュラムで指導してもらえる

テスト前だけ通塾回数を増やせる

自習室やテスト・入試対策勉強会がある

1:2や1:3だと家庭教師より費用が抑えられる

×家庭学習ができていないと成績は上がらない

×質問できない生徒にはあまり効果がない

×先生任せになっている塾もある

×1:2や1:3の指導だと待たされる

×1:2や1:3の指導だと授業の時間で問題演習する(本当は家でもできる)

×若い先生だと「馴れ合い」になる恐れがある

×受験対策に出遅れる心配がある

×集団塾に比べ1科目あたりの料金が高い(プロ講師は特に高い)

×講習会費で高くつく(任意参加だが参加しないと入試に間に合わない恐れがある)

×持ち込みもOKだが教材費が高い塾もある

個別指導塾では先生との距離が近い分、すぐに質問しやすいです。先生が説明しているときに「どうしてこうなるんだろう?」と思ったら即質問、また家で勉強していてわからなかった問題を持ち込んだりできるのも個別のメリットです。

家庭学習できるお子さんこそ個別指導塾向きですが、1人では進められないというお子さんには自習室完備の個別指導塾がおすすめ。特に何をやったらいいか教えてくれれば進められるタイプのお子さんが、自習室の活用で大きく学力アップできたこともありました。

自習室以外にも(主に高校受験ですが)定期テストや入試対策の勉強会を実施している塾も少なくありません。集団塾ほどの強制力はありませんが、塾ならではの場の力は個別でもあります。

ただし家庭学習や自習室での学習ができていなければ、高い授業料を払っても学習効果は上がりません

先生1人につき2人以上の個別指導をしている塾が多いですが、これらの個別は授業時間内で問題演習をするのが前提、家でも勉強したことを質問したいお子さんには向いていない形式です。また他の生徒に解説中待たされることもあります。

マンツーマン形式は料金が少し高くなりますが、質問をたくさんしたい生徒には向いています。ただしあまり勉強に身が入らないお子さんは特に若い先生だと馴れ合いになる恐れもあります。

また定期テストや小テスト対策、検定対策などその時期に必要な勉強を優先させると予習が進まず、受験対策が集団塾に通ってるお子さんより出遅れる恐れがあります

教材は持ち込みOKな塾が多いですが、教材・テスト費が半年ごとに結構な費用がかかることもあります。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師は次のようなメリット・デメリットがあります。個別指導塾のメリット・デメリットと重なるところも多いです。

わからないところを質問しやすい

相性の良い先生を考慮してもらえる

一人ひとりに合わせたカリキュラムで指導してもらえる

通塾にかかる時間の負担がない

マンツーマンで教えてもらえる

家庭学習の習慣があると効率的に勉強できる

講師・料金プランを選べる

×集団塾に比べると時間あたりの料金が高くなる(プロ講師は特に高い)

×持ち込みもOKだが教材費・管理費が高い家庭教師もある

×授業の準備がある程度必要

×先生が来るたびに掃除やお茶菓子の準備も(不要とは言われてもやっぱり・・・)

×塾のような学習イベントはない(孤独)

一人ひとりに対応しているところは、個別指導塾と共通のメリットです。家庭教師は普通マンツーマンで教えてもらうので、まず待たされるということはありません。家の中で指導してもらうので通塾にかかる時間が節約できるのは個別指導塾にないメリットです。

また一般的な個別指導塾だと英語と数学を勉強したければ週2回、一律でどの生徒も同じ料金となりますが、家庭教師だとランクがあったり学生やセミプロ・プロで料金が分かれており、ご家庭の予算に合わせた料金プランを組んでくれる家庭教師紹介会社も多いです。個人契約なら、各講師の時給で選ぶこともできます。

ただし難関校や特殊な受験(特に中学受験や難関の大学受験など)はベテランのプロ講師や最難関クラスの大学生講師でないと厳しいことがあり、料金も高くなります(1時間当たり6,000円~10,000円程度、もっと高い先生もいます)。

短い時間を効率的に使うためにはある程度授業を受ける前に準備も必要、ご家庭でも掃除やお茶菓子の準備など、(本当はお気遣い不要なのですが)手間がかかります。

また家庭教師だと塾のように学習イベントがないので、1人でも勉強を進めていくのは結構な孤独を感じるかもしれません。(1人で勉強する方がはかどるお子さんにはちょうど良いですが。)

多様化する塾と家庭教師、各社で多様なサービスを提供!?

塾と家庭教師のデメリットをずいぶんと取り上げてしまいましたが、これらのデメリットを解消すべく、各塾でさまざまなサービスや取り組みが行われています。

例えば集団塾なら授業後の質問対応自習室での勉強フォローや補習個別指導を行っている塾もあります。授業後のフォローが手厚い塾なら、わからないところがそのままになる不安も少なくなります。

個別指導塾なら自習室を開放したり、集団指導映像授業を提供している塾もあります。家庭学習ができないお子さんでも塾の自習室だと集中して勉強がはかどるというお子さんも結構いらっしゃいました。

また最近では多くの個別指導塾でオンライン授業にも対応。部活で帰りが遅いお子さん、今日は体調が良くない・・・というお子さんも、オンライン授業なら負担も少ないでしょう。

家庭教師は1人でも勉強を進められるお子さんに特におすすめですが、家庭学習の習慣がないお子さんには家庭学習プランを考えてくれたり、動画授業質問サービスなど各家庭教師で指導日以外のサポートも充実しているところが多いです。

特にオンライン家庭教師ではオンライン自習室を開放しているところもあります。家にいながら各家庭で頑張っている勉強仲間の姿を見つつ、自分も頑張ろうという意欲もわきやすいでしょう。

また家庭教師によってはきょうだいやお友達の同時受講で授業料が安くなるケースも。家庭教師の先生が家に来るのは何かと気を遣うのがネック・・・というご家庭は、オンライン以外にカフェや図書館などで教えるのも可能な家庭教師を探すというのも手もあります。ご近所で良いスペースがあれば検討してみても良いかもしれません。

集団塾と個別指導塾、集団塾と家庭教師、個別指導塾と家庭教師・・・といった併用スタイルも可能ですが、費用面ではかなり負担にはなります。

またこれまでの筆者の指導経験から、授業時間が長いほど成績が上がるわけではないと強く感じています。お子さんがどれだけ自ら考え学習を進めていくかが学力アップに大きく関わってきます。

評判の良い塾や家庭教師選びも大事ですが、お子さんの学習状況やご家庭のニーズに合った塾や家庭教師を選ぶことが、お子さんの成績アップへの近道となるでしょう。

まとめ

塾(集団と個別)と家庭教師どちらが良いかは、お子さんの学力と家庭学習状況によって決まってきます。どれがお子さんの勉強が最もはかどるスタイルか、また各塾・家庭教師で提供してるサービス内容がお子さんに合っているかどうかで選ぶと良いと思います。