中学受験は家庭教師だけでも合格できる?【塾なしのメリット・デメリット、口コミ・体験談を検証!】

中学受験は家庭教師だけでも合格できる?【塾なしのメリット・デメリット、口コミ・体験談を検証!】

中学受験をするなら進学塾に通塾するのが常識。

でも進学塾は一度遅れたらついていくのが大変、わからないところがそのままになってしまったり、質問も可能だけど生徒がいっぱいいるのでしにくいという声も聞きます。入試対策がお子さんの志望校にピッタリ合わせた対策でないこともあります。

そんな悩みを解決する方法として、あえて中学受験を家庭教師だけで乗り切るという方法もあります。しかし家庭教師だけで中学受験をすることはできるのでしょうか?中学受験の指導経験もある塾講師が検証しました。

中学受験は家庭教師だけでも合格できる?

後でも紹介しますが、中学受験を家庭教師だけで乗り切ったという口コミや体験談も多数あります。家庭教師だけでも中学受験で合格することは可能と言えます

もちろん家庭教師の指導力が高いことは必須条件、お子さんの学習状況や志望校、性格、家庭教師の使い方(塾通い→家庭教師へ切り替え、または完全に最初から家庭教師一本)によっても、合格できる可能性が変わってくるでしょう。

家庭教師だけで中学受験をするメリット・デメリット

中学受験を家庭教師だけで乗り切るべきか、やはり塾通いをした方が良いのか…、お悩みの方の方は家庭教師だけで中学受験をするメリット・デメリットを確認してみましょう。

メリット

進学塾には通わず家庭教師だけで中学受験をする場合、次のようなメリットがあげられます。

  • 通塾に時間がかからない
  • クラス分けのプレッシャーがない
  • 習い事と並行して受験勉強ができる
  • お子さんに合った対策ができる
  • 保護者が学習状況を把握しやすい
  • 受験スタートが遅れたお子さんでも対応

進学塾だと先生1人でたくさんの生徒を教えるので、1人1人に合わせた対策をすることができません。家庭教師だとお子さんの苦手分野や志望校に合わせた対策ができます。(個別指導塾なら1人1人に合わせた対策が可能ですが、中学受験専門の塾となるとかなり限られます。)また家庭教師なら塾に通う時間がかからず、親御さんの送り迎えの負担もありません。

デメリット

もちろん家庭教師だけの中学受験はデメリットもあります。

  • 切磋琢磨できる機会が少ない
  • 情報が塾より入手しにくい
  • 経済的な負担が大きくなりがち
  • 家庭で気を遣う
  • 良い先生を探さないとけない

進学塾のようなクラス分けテストや週テストなどがない分、家庭教師だけの受験は緊張感が薄くなる恐れがあります。周囲の生徒がどれだけ勉強を進めているか、周りと比べた自分の立ち位置、入試に関する情報などが入手しにくいです。

塾と同じように家庭教師を利用したらかなりの費用がかかってしまいます。進学塾では教えるプロ、実績のある先生が指導していますが、家庭教師も同様の教えるプロでないと中学受験が乗り切れません。(プロ家庭教師の指導料は1時間あたり6,000円~、実績のある先生なら8,000円以上。)

入試情報に詳しく、予算に合わせたプランを提案してくれたり、中学受験経験のある学生講師が在籍している家庭教師派遣会社もあります。良い派遣会社や先生を選ぶことで、デメリットはだいぶ解消されるはずです。あとはお子さんの適性でしょう。そのあたりも含め、口コミも検証します。

中学受験を家庭教師だけで乗り切ったという口コミを紹介!

家庭教師だけで受験を乗り切った、合格できた!という口コミを集めました。どんなお子さんが、いつごろスタートして合格できたのか、参考になりそうです。

口コミ1「塾から家庭教師に切り替え合格」

中学受験では新4年生から6年生まで進学塾。
その後は家庭教師にお願いしました。塾の時は分からなくてもどんどん進んでしまいますが、家庭教師は息子の弱点を集中的にやって頂き、本当に良かったです。結果、希望の中学に合格出来ました。

引用:Yahoo!知恵袋

進学塾から家庭教師一本に切り替え、弱点を補強して志望校に合格できたという口コミです。進学塾のカリキュラムでは小6夏前には4教科すべての単元が終了するので、その後は家庭教師でお子さんに必要な勉強だけ進めるのは有効そうです。他にも塾の内容と志望校の入試傾向が合わず、家庭教師に切り替えて志望校に合格できたという口コミ(参考:Yahoo!知恵袋もありました。

口コミ2「最初から家庭教師だけで合格」

小学5年生の秋に突然、親子で中学受験を決めたものの入塾もしていないし、入っても、集団指導に今更ついて行かれないのではという不安がありました。そんな時にタイミングよく進学会からのお電話があり、遅いスタートの息子には最適ではないかと考えました。

引用:「代々木進学会」合格体験談

小5の秋からと遅い中学受験スタートになってしまったため、家庭教師だけで中学受験をすることになったご家庭の体験談です。1年と少しの受験勉強期間でしたが、難関の鎌倉学園、関東学院に合格できたそうです。

その他にも国語の偏差値が60以上あるお子さんで、家庭教師1本でY偏差値57の学校に合格したという口コミ(参考:インターエデュ、通信教育で限界を感じてプロの家庭教師を小5後半から頼み、海城中に合格できたという体験談(参考:「代々木進学会」もありました。

口コミ3「家庭教師で逆転合格」

指導開始時のK君の状況は首都圏模試(第1回)の偏差値で算数40前後、理科45前後。一方国語は60弱、社会は60以上でしたので、算数中心(+理科)の指導を進めました。
(中略)
結果的には、日大(日吉)・広尾学園・高輪に合格出来ました。

引用:リーダーズブレイン

プロ家庭教師が見たお子さんの体験談です。塾では「第一志望は無理」と言われたそうですが、小6の7月から家庭教師に切り替え、プロの的確な指導で無理と言われた志望校に合格できたそうです。

口コミ4「家庭教師だけで御三家に合格」

2月から週一回の御指導をお願い致しました。五年生までは1日15分の勉強のみで、受験勉強は1年間のみと決めておりましたので、集中して勉強する為には個人指導がベストと考え、塾はラストのみ受けさせることに致しました。

引用:「代々木進学会」合格体験談

家庭教師のみの指導で御三家の麻布、渋渋、栄東(東大クラス)とすべての受験校に合格できたというご家庭の体験談です。少ない時間でも最難関校に合格できたのはプロの家庭教師のリードと、お子さんがもともと持っていた(積み上げてきた)学力もあったからでしょう。

家庭教師で失敗!という口コミも…

もちろん良い話ばかりではありません。家庭教師で中学受験をして失敗したというケースもあります。

算数の先生がイマイチ、併願校の相談に乗ってもらえず

小6の6月からプロの家庭教師に週1回3時間。9月から週2回、1月は週3回。国語の先生は偏差値10UPと良かったが、算数を教える先生は遅刻が多く教え方も×。先生に併願校や受験校のスケジュールを相談したかったが対応してもらえず。合格できたのは第3志望校のみ。

(参考:Yahoo!知恵袋より)

国語の偏差値が大幅にアップしたにも関わらず、第1、第2志望校合格には届かなかったという口コミです。派遣された算数の先生の指導力にも大いに問題があり、お話を読む限り「中学受験のプロ」とは言えないレベルの先生だったのかもしれません。

またプロ家庭教師の先生は指導のスペシャリストではありますが、受験校戦略のプロとは限りません。複数の先生に見てもらっている場合、同じセンターからの派遣でも家庭教師どうしの「横」の連携は普通ありませんので、受験や併願の相談は本部やアドバイザーなど、学習・進路相談の担当者に相談した方が良いでしょう

調子のいいことばかりいう家庭教師や派遣会社は信用できません。良い先生・派遣会社選びが重要です。

中学受験を家庭教師だけで乗り切るには?

家庭教師だけで中学受験をするデメリットや口コミを参考に、中学受験を家庭教師だけで乗り切れるのはどんなお子さんやご家庭か、またどんな家庭教師を頼んだら良いかを考察、まとめてみました。(※絶対に合格できる、というわけではありませんが…)

  • 家庭学習の習慣があるお子さん(モチベが高い)
  • 応用問題にも積極的に取り組んでいる
  • 偏差値が10以上足りない教科が2教科以上ない
  • 保護者の方が中学受験の経験がある(ご自身や上のお子さんで)
  • 中学受験のプロ家庭教師に頼む
  • 学習・進路相談のサポートがある派遣会社を選ぶ

家庭教師だけの中学受験は、周囲の目がない分、1人でも勉強がコツコツ進められる、モチベの高いお子さん向けです。遊びたい盛りの小学生、時には気が緩んでしまうこともあるかもしれませんが、プロの家庭教師なら日々の家庭学習も適切な課題を出して、うまくリードしてくれるでしょう。

家庭教師で大幅にアップしたという話も聞きますが、複数教科で志望校の偏差値との乖離が大きいのは個人的な指導経験からも限りなくレッドゾーンだと思います(小5ならまだしも小6だと)。確実な合格を狙うなら学校のレベルと現状のバランスもよく考慮することが必要でしょう。

ただし難関校志望で模試の結果も良好、お子さんのモチベも高く、保護者の方が(ご自身や上のお子さんで)中学受験の経験があり、ある程度の指導力とマネジメント力があるなら、お子さんの志望校(と同レベル)出身の学生家庭教師でも良いかと考えられます。先生自身が家庭教師や個別指導で教えてもらった経験があるとなお良いです。塾でも教えるのがとても上手な学生講師もいますので。

また保護者の方のマネジメントがあり、難関校や高倍率ではない、Y偏差値で45ぐらいの学校なら、プロ講師でなくても中学受験の指導が可能な先生でも大丈夫と考えられます。もちろん指導力のある良い先生に見てもらうことが前提ですが。

おすすめの家庭教師はどこ?

PR

中学受験を家庭教師だけで乗り切りたいなら、中学受験のプロ家庭教師、入試情報に詳しい家庭教師派遣会社がおすすめです。

首都圏で最大級の中学受験合格実績がある「代々木進学会」では家庭教師だけの中学受験コースを設置、各進学塾対策にも強いです。四谷大塚首都圏提携塾なので入試情報も持っており、教務課・担当プランナーが進路の相談に乗ってくれます。資料請求・無料相談受付中です。


代々木進学会

東京神奈川埼玉千葉

  • 中学受験で最大級の合格実績
  • 家庭教師のみでも進学塾対策も
  • 講師はプロ・セミプロ・学生から選べる
  • 無料学習相談受付中

まとめ

家庭教師だけでの中学受験は効率的に志望校対策を進めるのにおすすめです。ただしお子さんの性格や学力状況、先生の指導力、受験校の選択(併願パターン)など、よく考慮する必要があります。家庭教師はプロがおすすめですが相性も重視です。派遣でお願いする場合は事前によく相談に乗ってもらいましょう。

家庭教師1本が厳しそうなら

口コミを見てうちの子は家庭教師だけじゃ無理かも…と不安があれば塾と家庭教師、通塾が負担であれば通信教育と家庭教師を利用するのも良いでしょう。通信教育と併用で苦手教科のみ家庭教師なら、費用を抑えることが可能です。

経済的に余裕があれば中学受験専門の個別指導塾も。(普通の個別は指導力からもおすすめできません。)専門塾なら周りが同じ中学受験生ばかり、競争する場面はあまりないですが、真面目に勉強するお子さんばかりで適度な緊張感もあります。