中学国語文法 助動詞「れる・られる」活用と問題

中学国語文法 助動詞「れる・られる」活用と問題

助動詞の「れる・られる」について解説します。

「れる・られる」には受け身・尊敬・可能・自発の4つの意味があります。「れる・られる」がどの意味で使われているのか、見分けられるようにしましょう。

また「れる」と「られる」の使い分けも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

助動詞「れる・られる」の活用と接続

受け身・尊敬・可能・自発の4つの意味がある「れる・られる」の活用表が下の表です。

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 接続
れる れる れる れれ れろ
れよ
五段・サ変動詞の未然形
られる られ られ られる られる られれ られろ
られよ
上一段・下一段・カ変動詞の未然形

「れる」「られる」は下一段型の活用になります。命令形は「受け身」の意味でのみ使われます。

「れる」「られる」いずれも未然形に接続しますが、「れる」は五段・サ変動詞、「られる」は上一段・下一段・カ変動詞に接続します。「られる」は助動詞「せる」「させる」にも接続します。

まだ食べられる。(「られる」終止形)

多くの人にその本は読また。(「れる」連用形)

部屋を掃除させられた。(「られる」連用形)

>>自立語・付属語・品詞の分類について知りたい方はコチラ

スポンサーリンク

助動詞「れる・られる」の意味と例文

助動詞「れる・られる」には、(1)受け身・(2)尊敬・(3)可能・(4)自発があります。

(1)受け身「他の人や物から~される」

例:先生にほめられた。/友達に笑わた。

(2)尊敬 尊敬する人の動作

例:もうその本を読まましたか。/お客様がそろそろ来られるようです。

(3)可能「~できる」

例:彼の話は信じられない。/この枝はなかなか折ない。

(4)自発「自然と~する(思う、感じる)」

例:夏の訪れが感じられる。/故人が偲(しの)ばれる

受け身は他の人や物から受けた動作であり、「先生にほめられた」→「先生からほめてもらった」ように言い換えられます。

尊敬の意味で使うときは、自分の動作ではなく尊敬する相手(お客さん、先生、上司、先輩など)の動作であることがポイントです。

「れる・られる」が「~できる」と言い換えられれば可能の意味です。例えば「この話は信じられない」→「この話は信じることができない」のように言い換えられるので、この「られ」は可能の意味と考えられます。

最もわかりにくいのが自発ですが、自発の意味で使うときは「自然と~する」と言い換えることができます。例えば「夏の訪れが感じられる」→「夏の訪れを自然と感じる」のように言い換えられます。また自発の意味では心の中で思う、考えるような言葉が使われます。

自発でよく使われる動詞…思う、感じる、偲(しの)ぶ、案じる、思い出す

>>使役の助動詞「せる・させる」解説はコチラ

助動詞「れる・られる」使い分け

「れる」は五段・サ変動詞の未然形、「られる」は上一段・下一段・カ変動詞、助動詞「せる」「させるの未然形に接続します。

これ以上は切らない。(五段「切る」未然形+「れる」未然形)

これ以上はられない。(上一段「着る」未然形+「られる」未然形)

母に怒らた。(五段「怒る」未然形+「れる」連用形)

全部の箱を数えられた。(下一段「数える」未然形+「られる」連用形)

故郷のことが思い出される。(五段「思い出す」未然形+「れる」終止形)

もっとご飯を食べられる。(下一段「食べる」未然形+「られる」終止形)

尊敬される人になりたい。(サ変「尊敬する」未然形+「れる」連体形)

食べられる物が欲しい。(下一段「食べる」未然形+「られる」連体形)

注意さば、悪ふざけをやめるだろう。(サ変「注意する」未然形+「れる」仮定形)

ほめられば、うれしい。(下一段「ほめる」未然形+「られる」仮定形)

長いものには巻かれろ。【ことわざ】(五段「巻く」未然形+「れる」命令形)

捨てられろ。(下一段「捨てる」未然形+「られる」命令形)

ら抜き言葉とは

「食べることができる」ことを表したいとき、「食べる」は下一段活用なので「られる」とつなげて「食べられる」と言うのが本来の表し方です。しかし最近では同じ意味で「食べない」と表現されることも多いです。このような表現をら抜き言葉といいます。

・着る→着れる(×)・着られる(○)

・食べる→食べれる(×)・食べられる(○)

※壊す(五段活用)、注意する(サ変)などは「られる」でなく「れる」をつなげます。

なお可能動詞(切れる、読めるなど)は五段活用の動詞を下一段活用の動詞にしたものですが、「切れる」「読める」などの可能動詞の後に「れる」をつなげるのも、本来正しい表現ではありません。

※切る→切れる、読む→読めるなど、可能動詞にするのは五段活用のみ可能

読まれる(○)・読める(○)・読めれる(×)

>>動詞の活用について知りたい方はコチラ

【問題編】助動詞「れる・られる」

問1 次の文の下線部「れる・られる」は受け身・尊敬・可能・自発のどの意味が最も適切か。

(1) さわいでいたら先生に注意さた。

答えを確認

(2) 祖父のことが案じられる

答えを確認

(3) 蚊に刺さた。

答えを確認

(4) 先生が家に来らた。

答えを確認

(5) どこででも寝られる

答えを確認

(6) 秋の訪れが感じられる

答えを確認

(7) 当時は苦労さたと聞いています。

答えを確認

(8) 遠い建物まで見られた。

答えを確認

問2 次の(   )内の助動詞から適切な方を選びなさい。

(1) 大規模なパーティーが開催さ( れ・られ )た。

答えを確認

(2) 背が伸びたのでこの服はもう着( れ・られ )ない。

答えを確認

(3) 故人がしのば( れる・られる )。

答えを確認

(4) 考えさせ( れる・られる )問題だ。

答えを確認

(5) かばんが自転車の下でひか( れ・られ )た。

答えを確認

まとめ

助動詞「れる・られる」について見てきましたがいかがでしたでしょうか。「れる・られる」の4つの意味、活用、接続と使い分けを確認してきました。接続による使い分けの方法がわかれば、ら抜き言葉がどれかを判別することができます。