自宅で学べるレゴ®プログラミングキットと通信講座を紹介!

自宅で学べるレゴ®プログラミングキットと通信講座を紹介!

お子さんに人気のLEGO®(レゴ®)を使った、プログラミング教材が注目されています。

レゴ®で作ったロボットをビジュアルプログラミングで動かし、楽しく遊びながら問題解決能力や論理的思考力をつけられます。

キットさえ買えば自宅でもプログラミングが学べます。保護者の方があまりプログラミングに詳しくなくて不安であれば、通信講座を利用するのもおすすめです。

今回の記事では市販されているプログラミングキットや自宅で学べる通信講座をご紹介します。

自宅で学べるレゴ®プログラミングキット3種

Amazonなどで入手できるレゴ®プログラミングキットから3つセレクト、下の表にまとめました。

商品名 対象年齢 価格
レゴ®ブースト クリエイティブ・ボックス 7~12歳 17,207円*
レゴ®エデュケーション®WeDo 2.0 基本セット 7歳~ 31,472円*
レゴ®エデュケーション SPIKEプライムセット 高学年~中高生 61,600円*

※上記の*印の料金はAmazonにて2022年5月12日時点で確認した価格となります。販売元や商品により価格が異なるので購入の際は必ず価格をご確認ください。

※WeDo 2.0は生産終了、在庫がなくなり次第販売終了となります。)

低学年から対象のものもありますが、最初からお子さん1人で進めるのは難しいかもしれません、先に保護者の方が動作を確認して教えてあげたり、なれるまでは親子で一緒に進めてみても良いでしょう。

レゴ®ブースト クリエイティブ・ボックス

これ1台でいろんな5種類のモデルが楽しめる、レゴ®ブースト クリエイティブ・ボックスはレゴ®のロボットの中でも比較的お求めやすい価格。スマートフォンやタブレットでもプログラミングができます。

*詳細な動作環境は販売店や公式サイトでご確認ください。

レゴ®ブースト クリエイティブ・ボックスではロボットのバーニー、猫のフランキー、ギター4000、ブロック組み立てマシン、ブースト車(M.T.R.4)の5種類のモデルが組み立て可能。

好きなモデルを組み立てたらスマホやタブレットの専用アプリでプログラミング、一通り楽しんだらまた新しいモデルを組み立て…と長く楽しめます


レゴ®エデュケーション WeDo 2.0

レゴ®エデュケーション WeDo 2.0は小学校低学年のお子さんでも利用できるロボットプログラミング。生産・販売が終了し、各販売店でも在庫がなくなり次第終了となります。

科学探査機マイロや恐竜やヘリコプターなど、いろいろなロボットが制作可能。専用のソフトウェアを使ってビジュアルプログラミング、プログラムを実行してロボを動かすことができます。

*PCとタブレットで動かせますが、詳細な動作環境は公式サイトなどでご確認ください。

教育版ですので単に遊ぶだけでなく、身近な理科と関わる課題をこなして問題解決能力を身につけることができます。プログラミング初心者のお子さんにも取り組みやすいです。

レゴ®エデュケーション SPIKE™プライムセット

レゴ ®エデュケーション SPIKE プライムセットは小学校高学年から中高生向けに作られたプログラミングキットです。

カラフルなレゴ®でロボットを組み立てたら、動画のようにビジュアルプログラミングで複雑な動きをしたり課題に挑戦。

学校でScratchを習っているお子さんも多いので、4年生以上なら親御さんのサポートがあれば十分楽しめそうです。

プログラミングに不慣れで心配というご家庭やお子さんには若干ハードルが高いかも。後でご紹介する通信講座や教材ならテキストや解説があるので、ご家庭でも進めやすそうです。

自宅で学べる!Z会のプログラミング講座 with LEGO® Education

レゴ®のセットだけでちゃんと進められるか不安、自宅でワークブックや動画で学びたいという方にはZ会のレゴ®プログラミング講座「プログラミング講座 with LEGO® Education」がおすすめです。SPIKE™ベーシックを使う基礎編とSPIKE™プライムを使う標準編があります。

2022年5月12日時点ではZ会プログラミング講座 with LEGO® Education標準編のお申し込みは一時停止、予約受付中となっております。最新の情報や詳細は公式サイトや資料等でご確認ください。

PR

Z会プログラミング講座 with LEGO® Education



基礎編標準編

  • 基礎編は2~5年、標準編3~6年対象
  • レゴ®やモノづくりが好きなお子さんに
  • お子さん・保護者向けテキストつき
  • スモールステップで理解しやすい

通信教育でおなじみのZ会でも、レゴ®を使ったプログラミング講座を開講しています。自宅にいながら教育版レゴ®を使ってさまざまな課題をこなす本格的なプログラミング教育を受講できます。

口コミでは親子のコミュニケーションにも役立ってる、1年生が1人でも進められているという声も。

#Z会 のプログラミング教材が届きました😆#レゴ を使ってロボットを作ってiPadで動きを #プログラミング
パパも一緒に楽しくできていい感じです。

引用:Twitter

今月から長男がZ会のレゴプログラミング講座を受け始めました。 推奨は小学3年生~6年生とのことでしたが、1年生でも意外と一人で取り組むことができました。

引用:Twitter

Z会のレゴ®プログラミング講座は基礎編と標準編に分かれています。

  • 基礎編(レゴ®エデュケーションSPIKE™ ベーシックセット):小2~5推奨、全12回(1年)受講費月あたり4,675円*~、基本セット代35,200円
  • 標準編(レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライムセット):小3以上推奨、全12回(1年)、受講費月あたり5,236円*~、基本セット代44,000円

*12か月一括払いでの月あたり料金

初回にキット、毎月ワークブックと保護者用ガイドが届けられます。テキストに書きながらプログラミングのしかたを理解し、多彩なロボットを制作。作ったらおしまいではなくドリルで復習もあり、Z会らしいプログラミングの取り組み方です。

「毎月のミッション」ではより自由な作品制作にチャレンジ、みんなとシェアする楽しみも。モノづくりが好きなお子さんの想像力・創造力を伸ばしてくれそう。

⇒Z会プログラミング各講座の詳細はこちら

まとめ

自宅で学べるレゴ®プログラミングのキットや通信講座を見てきました。

ロボコンやロボット検定を受けることまでは考えていなくても、これからの時代を生き抜くための論理的思考力や問題解決能力を身につけるのに、楽しく学べるレゴ®プログラミングはおすすめです。