【小学生】Scratch3対応プログラミングおすすめの本6選!

【小学生】Scratch3対応プログラミングおすすめの本6選!

小学生におすすめなScratch3.0対応の、プログラミング本を紹介します。

小学1年生以上・小学3年生以上・小学校高学年の初心者向け入門書、中級者以上に分けて、おすすめ本を6冊紹介しています。すべてScratch3.0に対応したものを選んでいます。

Scratch3.0はオンラインでも利用可能です。ダウンロードなしでブラウザ上で使えますが、IEでは使えないのでご注意ください。

Scratchの入門書、中級者向けの本をお探しの小学生保護者の方は、よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

小学1年生以上向けScratchプログラミング本

小学1年生以上向けのScratch本をご紹介します。といっても完全初心者の小1で独習は厳しいので、保護者の方と一緒に読み進めていくのがおすすめです。

スクラッチ3.0でゲームを作ろう! 小学1年生からのプログラミング教室

プログラム未経験の小学1年生のお子さんでも、スクラッチ3.0でゲームを作れることを目標にしたプログラム本です。

本を読んだお子さんがプログラミングに夢中になって取り組んでいる、と評価も上々です。

ただし「小学1年生から」とは書いてありますが、どちらかといえば大人が小学生に教えるための教本的な内容になっています。お子さん一人の独習には向いていませんので注意を。

スポンサーリンク

小学3年生以上向けScratchプログラミング本

小学3年生以上向けのScratch本を2冊ご紹介します。小学生向けのScratchプログラミング本は多数出ていますが、お子さん一人でも進められそうなものもあれば、保護者の方と一緒に進めるのを想定しているものも。内容を見て選ぶのがおすすめです。

いちばんはじめのプログラミング[Scratch 3対応]

すべてScratch3.0を用いた画面操作をひらがな表示で解説、3年生以上のお子さんが読めるようふりがながふってあります。

ただしプログラミング用語やその内容は小学3年生のお子さんには難しいものありますので、保護者の方のサポートも必要かもしれません。

実際にプログラミングをされている保護者の方からも、評価が高いです。

小学生からはじめるわくわくプログラミング2 Scratch 3.0版

保護者の方が小学3年生以上のお子さんと一緒にプログラミングを学習するのにおすすめの本です。

特にプログラミング教育やSTEAM教育に関心のあるご家庭向け。算数、理科、総合、音楽、図工に関連したプログラムづくりを紹介しています。

プログラミング初心者の大人でも読みごたえがあるということで、難易度は入門書とはいえやや高めかも?

お子さんと一緒にプログラミングを勉強するのも良さそうですね。

小学高学年向けScratchプログラミング本

小学4・5年生以上向けのScratch入門書を2冊ご紹介します。マンガ・イラストが使われて漢字にはふりがながふってあるので、小3でも使えそうです。高学年のお子さんの方なら一人でも進めやすい本を選ぶのが良いでしょう。

よくわかる Scratch 3.0ではじめるプログラミング

小中学生向けのScratch入門書となっていますが、漢字にはふりがながふられてキャラクターも小学生なので、保護者の方も一緒についていれば3年生以上でもOKそうです。

イラストやマンガで説明もわかりやすく、多少PCを触ったことのある高学年のお子さんなら、ほとんど一人でも進めることができるでしょう。

10才からはじめるプログラミング Scratchでゲームをつくって楽しく学ぼう【Scratch 3対応】


タイトルどおり、小4~5年生以上のお子さんが、Scratchを使ってゲームをつくりながらプログラミングを学習するための本です。

ふりがなもふっているので、お子さんでも読みやすくなっています。ゲームづくりを通じて基礎から応用まで学習できるので、ゲーム好きなお子さんにぴったりでしょう。

Scratchプログラミング中級者以上向け

多少はScratchを使ったことがあるというお子さんには、あまり使い方の説明が長いもの、導入部分が長い本では退屈してしまうかも?

経験者のお子さんにはちょっと難しいゲーム作りにもチャレンジできそうな、中級者以上向けのプログラミング本がおすすめです。

Scratch 3.0で楽しむ レッツ! プログラミング ジュニア・プログラミング検定 公式テキスト

こちらは「ジュニア・プログラミング検定」公式テキストです。

「ジュニア・プログラミング検定」… Scratchを使ったプログラミング技能を認定する、子どもたちを対象にした資格試験です。レベルはGold、Silver、Bronze、Entryと4段階あります。(ジュニア・プログラミング検定公式サイト

イラスト、マンガが使われて読みやすい内容に。すべての漢字にふりがながふられているので、一人でも進めやすいです。

一見かわいらしい教材ですが本格的なゲーム作成まで説明されているため、やはり経験者向き。ある程度Scratchの使い方を知っているお子さんに楽しめる内容となっています。

まとめ

小学生向けのScratchプログラミング本を、学年やレベル別に紹介してきました。

Scratchプログラミングの本を選ぶときは、①対象学年、②保護者の方が教えるのか、お子さん一人で学習するのか、③初心者向けの入門書か中級者向けか、の3つが選ぶポイントになるでしょう。

お子さんに合った本をセレクトしてプログラミング学習を通じ、プログラミング的思考を養いつつ、純粋にプログラミングの楽しさを感じてもらえたら良いですね。

今の時代は「つめこみ」教育だけでは限界があります。これからの時代を生きるお子さんに、より良い人生を歩めるようプログラミング的思考を養う家庭学習の取り組みが重視されています。

スクラッチベースのマイクラをオンラインで!

子どもたちに人気の「マイクラ」でのプログラミング学習に関心があるご家庭は小中学生向けプログラミングスクールの「D-SCHOOLオンライン」もおすすめです。

\無料体験14日間あり/


下の動画でもわかるようにScratchをベースにしたビジュアルプログラミングで、楽しいゲーム制作ができます。オンラインスクールなのでわざわざ通う必要はありません。

\14日間の無料トライアルはコチラ/

D-SCHOOLオンラインについてはこちらの記事でも紹介しています。

Scratchの基本的な使い方はこちらで紹介しています。

IT・プログラミングカテゴリの最新記事