【新大学入試】AO入試と総合型選抜の違いとは?対策はどうする?

【新大学入試】AO入試と総合型選抜の違いとは?対策はどうする?

2020年度より入試改革によりAO入試が「総合型選抜」となります。

2020年度*以降の大学選抜

  • 大学入試センター試験 → 大学入学共通テスト
  • 一般入試 → 一般選抜
  • 推薦入試 → 学校推薦型選抜
  • AO入試 → 総合型選抜

*2020年度 …2020年9月~2021年3月に実施される選抜

*すでに「総合型選抜」の名称を用いている大学もあります

AO入試と総合型選抜ではどのような違いがあるのか、また総合型選抜ではどのように対策していけば良いのかについてまとめました。

スポンサーリンク

AO入試と総合型選抜の違いとは

従来のAO入試と、2020年度から始まる総合型選抜の主な違いは、学力試験の結果や評定の扱い方にあります。

学力試験 AO入試:なし
総合型選抜:①また②のいずれかを活用
①小論文・プレゼン・口頭試問・実技・各教科や科目のテスト・資格や検定試験の成績など②大学入学共通テスト
調査書 AO入試:評定平均、特別活動の記録
総合型選抜:評定平均、特別活動の記録をより詳細に
実施時期 AO入試:8月1日以降
総合型選抜:9月1日以降
合格発表 AO入試:9月1日以降
総合型選抜:11月1日以降

※新型コロナウイルス感染症の影響で日程に変更が出る可能性があります。

AO入試とは?

AO入試(AOは admissions office, アドミッションズオフィス の略)とは大学が求めている学生像(admission policy, アドミッションポリシー)に合っている学生を選抜するための入学試験です。推薦入試と違い学校長の推薦は必要ありません。

学力試験での成績というより、学びへの意欲、関心、人物像が重視され、面接、小論文、グループディスカッションなどで評価されます。そのため各大学のアドミッションポリシーに合っていて、将来の目標が明確に決まっている高校生に向いています。

AO入試の形態はさまざまですが、面接を重視するAO入試では

説明会などに出席 → エントリー → 予備面接 → 出願 → 面接 → 合否結果

といった流れになり、論文を重視するAO入試では

出願 → 1次選考(書類審査、小論文など) → 合否結果 → 2次選考 → 合否結果

という流れで、進みます。2019年度では各大学で8月以降にAO入試が実施されています。

総合型選抜とは?

総合型選抜とは従来のAO入試の後継となる入試選抜です。

文部科学省は学力の3要素(知識・技能の確実な習得、思考力・判断力・表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)の育成と評価を目的に、2020年度の新大学入試に向けた改革(高大接続改革)を決定しました。

従来のAO入試では学力の3要素が十分に育成・評価されないため、総合型選抜では学力の方も学科試験などで評価することが課されています。大学によって大学入学共通テストの結果が採用される場合があります。評定の評価もされるため、日頃の学校の試験も良い成績をとっておくようにする必要があります。

統合型選抜を実施する大学では英語民間試験の成績を活用するところも。夏までに受けて「結果」を出す必要があります。

また総合型選抜では、受験生本人が記載した活動報告書、入学希望理由書、学修計画書などの資料を積極的に活用することとしています。(※)

総合型選抜では、

小論文・プレゼン・口頭試問・実技・各教科や科目のテスト・資格や検定試験の成績など、あるいは大学入学共通テストの結果

部活動、ボランティア、資格・検定試験の成績、留学・海外経験などに関する詳細な記入

活動報告書、入学希望理由書、学修計画書などの資料

が活用されることを念頭におく必要があります。

※ 新型コロナウイルス感染症の影響は?

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は学校行事やその他の諸活動を積極的に行える状況ではありません。特に現高3にとっては大きな問題です。

4月17日に行われた萩生田文部科学大臣の会見で、新型コロナウイルス感染症による臨時休業の影響を考慮し、出席日数や諸活動の実績など調査書内容に関して受験生が不利益を被らないよう配慮することを検討することが述べられました。

学校推薦型選抜も含め、実施時期に変更の可能性があります。

12:20頃より、大学選抜について言及されています。

スポンサーリンク

総合型選抜 対策のしかたは?

総合型選抜に向けてどのように対策したら良いのでしょうか。高1・2生だけでなく、高校入学前のご家庭もどのように高校生活を過ごしたら良いか、参考にしてください。

各大学の総合型選抜方法を確認

すでに志望大学が固まっており、総合型選抜利用予定の高校生は、志望大学の総合型選抜の方法を確認しておきましょう。各大学の公式サイトで確認できます。

河合塾のリンク集も役立ちます。

まだ明確に決まっていないけれど、統合型選抜を視野に入れているというのであれば、以下の対策をしておけば良いでしょう。(もちろん統合型選抜で受けなくても、役立つ体験となります。)

課外活動に参加する

総合型選抜でアピールできるよう、学校の部活以外にもボランティア活動、シンポジウムやワークショップ、コンテストなどに積極的に参加しましょう。

小論文・面接・グループディスカッションの対策

総合型選抜で必要とされる小論文や面接、グループディスカッションの対策も早いうちからしておきましょう。一人で進めていくのは難しいので、専門の塾や通信教育を活用することをおすすめします。

グループディスカッション対策を通信教育でお探しの方はコチラの記事も参考になるかもしれません。

大学入学共通テスト対策

2020年度からスタートする大学入学共通テストでは、英語の民間試験、国語・数学での記述問題が採用される予定でしたが、見送りになりました(2019年12月時点)。

ただし民間試験のスコアを利用する国立大学も(学科や選抜によって)あり、事前によく調査しておく必要があります。

共通テストでは見送りになったとはいえ、リスニングの配点が大きくなること英語4技能を重視することを宣言している大学もあることもあり、英語4技能をバランスよく勉強していくことは今後必須と言えそうです。

まとめ

「総合型選抜」では従来のAO入試と異なり、大学共通テストが利用されることも、学力や高校での成績、課外活動も見られ、学力の3要素をふまえつつより多面的・総合的な評価方法が採用されています。

各大学によってその評価方法は異なりますので新しい情報をキャッチしつつ、大学選抜に向けた対策をしていく必要があります。

新型コロナウイルス感染症の影響で、学費等支援が必要になった学生さんとそのご家庭向けに、文部科学省のホームページで奨学金に関するお知らせが公開されています。

【大学受験に強い塾】モチベーションアカデミア

AO入試にも強く多くの合格実績を出しているモチベーションアカデミアは東京(渋谷、自由が丘、下北沢、成城学園前)と横浜に展開している個別指導・少人数制の進学塾です。(オンライン授業も対応)

マンツーマンと少人数集団指導形式ということもあり、大手予備校のような大人数が通っているわけではありませんが、東大や早慶などの難関大にも合格実績を出している実力派の塾です。
体験授業受付中、オンライン対応しています。

教科指導は全教科対応のマンツーマン形式の個別指導を中心に、少人数制の集団指導(数学、英語、現代文、古典、物理、化学、生物、日本史、世界史)やグループディスカッション、小論文対策の講座に加え、カウンセリングもこまめに行って生徒のモチベーションを高める取り組みをしています。

モチベーションアカデミア渋谷校
モチベーションアカデミア渋谷校

モチベーションアカデミアはきれいな校舎で落ち着いた雰囲気、自習室も開放され、都内の校舎は日曜も営業しています。受講教科以外の教科でもわからないところが質問できるサポートも評判が高いです。
新大学入試に向けての手厚い対策をしてくれるだけでなく、さらには先の将来についても一緒に考えてくれる進学塾、それがモチベーションアカデミアです。

学習相談も無料で受付中、気になる方はまずはモチベーションアカデミアの詳しい資料をご覧になってみてはいかがでしょうか。

入試情報他カテゴリの最新記事