中学受験は意味がない?大きな成長を遂げたお子さんの例と中学受験・高校受験のデメリット

中学受験は意味がない?大きな成長を遂げたお子さんの例と中学受験・高校受験のデメリット

地元の公立中に進学せず、あえて中学受験をするご家庭は少なくありません。しかし中学受験に関して否定的な見方もあります。例えば次のような意見をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

  • 中学受験なんてお金がかかるだけ
  • 子どもに勉強ばかりさせてかわいそう
  • 私立中に入ってもいい大学に入れるとは限らない
  • 受験は高校からで十分
  • 中学受験なんて意味ない

塾講師として中学受験生の指導にあたることがある筆者も、よほど中学受験に向いているお子さんでない限り無理に中学受験をさせる必要はないのではないかと思っていました。

中学受験は本当に意味がないのか、思い直すきっかけとなった塾での体験談、中学受験のデメリットについてもまとめました。いたずらに中学受験を煽るものではありません。

中学受験は意味がないのか?

割と最近までは一部のお子さんを除き、中学受験をふつうの小学生のお子さんにさせることは意味がないと思っていました。

中学受験というのは勉強も勉強以外のことでも好奇心旺盛、わからない問題にあたったら「どうやって解くんだろう?」と頑張って考えて、投げ出さない、ちょっと大人っぽい(早熟な)お子さんに合うと思っていました。

しかし最近になり、そうでないお子さんでも中学受験は意味が「ある」と思い直すことがありました。

中学受験を経験したあるお子さんのケース

筆者の勤務する塾に通うAさんというお子さんはスポーツが大好き。好きなスポーツが強い私立中学に進学させたいと親御さんが受験を決めたらしいのですが、Aさんは勉強が大嫌い。学校の勉強でもわからないことが多く、塾でも問題解くのヤダーめんどくさーいと消しゴムに鉛筆で穴をブスブス刺したりしてました。

特に苦手な算数では分数を習っても通分がなかなか覚えられない、というより通分という言葉も覚えられないような感じでした。「宿題たくさん出す→たくさん(適当に)解いてくる→間違ってる」の繰り返し。ちょっと、いやかなり受験は厳しいのでは・・・と思っていました。本人も受験なんてヤダと言ってましたし。

いわゆる進学校ではないですが、それなりに倍率もある私立中(つまり不合格者も出る)を複数候補にあげていました。入試問題は小学校では習わないレベルのものが出題されます。Aさんの本格的な受験勉強は小5の終わりぐらいから(2科とはいえ厳しい)、曜日の関係でAさんを直接指導する機会がなくなったので、大丈夫かな~とひそかに心配していましたが・・・。

月日は流れ入試直前期。Aさんが普段授業でない日も振替授業が入り、久々に授業を担当することになりました。

もうビックリ。

どうした!?ってぐらいの集中力で、算数の過去問をスイスイ解いているじゃありませんか。(受験生なら当たり前なのかもしれませんが)解くスピード、正答率、問題への取り組み方が「合格できる」受験生のそれでした。第1志望の算数はちょっと難しそうでした(出来にムラがあった)が、第2、第3はかなり余力がありそう。

「勉強頑張ったんだね、すごい正答率だね!」と声をかけたところ

「だって受験生だもん。これぐらいできないと(ニッコリ)」

二度ビックリ。すっかり大人になってました。(先生は成長してませんでしたが)あれほど苦手だった学校の勉強も今では「簡単すぎ」とのこと。

そして受験結果は…チャレンジの第1志望校は残念でしたが、第2志望は見事合格。教室にいる筆者を見つけて直接入試結果の報告に来てくれました。そのときのAさんはとても晴れやかな表情でもう中学生らしいきりっとした顔に、ああAさんにとってこの中学受験はすごく意味あることだったんだなと思いました。(1年前の自分をベシっと叩きたい気分、報告に来てくれたときはうれしくてちょっと泣きそうになりました)

ちなみにAさんには

  • 国語の読解力・記述力が割と高め(算数は苦手だったけど)
  • 中学で大好きなスポーツができるのが魅力だった
  • ご家族が温かい目でAさんをサポートしていた

というスペックやバックグラウンドがありました。

中学受験のデメリットは知っておくべき

中学受験を通じて精神的にも大きく成長した…というお子さんの例を紹介させていただきましたが、もちろん中学受験にはデメリットもあります。

  • 勉強が難しすぎる
  • 進学塾の過酷なクラス分けや順位争い
  • 通塾による経済的な負担(入学後も)
  • 家庭の雰囲気が悪くなることも
  • 受験は遊びたいさかりの小学生に過酷

お子さんの意欲も学力が高く、勉強した分すぐに成績にも反映され、ご家族もこの塾に任せて良かった…とハッピーな状況であれば良いのですが、実際は逆になることが多いのではないでしょうか。

友達と離れるのが本当は嫌なんだけれど親が受験しろというからとりあえず塾通い、学校では成績いいのに受験の勉強は難しすぎてわからない、宿題もちゃんとやってるのに成績が上がらない、模試が悪いとお母さんがキレる、お父さんは「中学受験なんて意味ないからやめろ」と言う、親は成績が上がらないのは塾のせいと悪口ばかり…なんて状況ではお子さんに超ストレス、精神衛生上良くありません

中学に入学後も学校の勉強が難しかったり、第2、第3志望の学校だと引け目があったり、勉強への意欲を失ってしまうという恐れもあります。せっかく中学受験が終わったのに、あまりに勉強についていけなくてまた塾通いをしてる私立中生も結構います

中学受験なんてデメリットだらけ、受験なんて高校受験からでいいだろう、という意見もごもっともです。

ただし高校受験も過酷です

かくいう筆者も昔の公立高校受験組です(都内)。昔は日ごろから予習復習して頑張ればテストで95点ぐらいとれて、上位7%に入れば通知表で5がもらえました。

家庭科と体育が苦手で3とかとってしまいましたが、5がいくつかあれば内申も40以上とれて、余裕をもってまあまあ良いとこの都立高校に進学できました。国立を第一志望にしてた人たちは進学塾に行ってたみたいですが、筆者は都立高なんで中学生の時は英会話スクールだけ通ってました。通信教育もやってた記憶がかすかにありますがなんだったかは忘れました。

筆者は10年ぐらい前までは東京の多摩地域、ここ数年は都内の中学生(公立中生)を見る機会が多いのですが、昔より高校受験が大変な状況になっていると思います。(※地域差もあります)

「ゆとり教育」がスタートし絶対評価が取り入れられましたが、このことにより昔の相対評価よりシビアな成績をつけられているケースがあります。

例えば定期テストでハイレベルな問題(公立高入試より難しい内容)が出題される学校があります。平均点が40点台とか悪いと30点台ということも。平均点が30点台の場合、相対評価なら50点近い点とれば平均+約20点で4ももらえそうです。しかし今は絶対評価なので「3」になります。

こんなケースもありました。あるお子さんが英語の勉強をめちゃくちゃ頑張って毎回テストで95点以上出して、もちろん提出物も出しているし、(直接学校の成績と関係ないですが)英語の検定も準2級までとりました。そんな頑張り屋のお子さんの成績は「4」でした。学校の絶対評価のつけ方によるとリスニング問題で「5」の基準をクリアしていなかったそうです。

また都立高では実技教科だけ内申が2倍され、実技が得意なお子さんはかなり有利です。しかしそうでないお子さんにはかなり不利です。テスト勉強を頑張ってペーパーテストでどんなに良い点をとっても成績が3です(少なくとも筆者の地域の学校では)。当然いい都立高校を狙うのが難しく、成績優秀なお子さんも有名私立にシフトするかと検討してます。

地元の進学塾では半年以上も先の内容を予習し、高校受験対策をしています。進学塾についていくために、個別指導塾を利用しているお子さんもいます。(中学受験と同じ…)

だからこの地域では「受験なんて中学入ってから頑張ればいいよ、中学受験なんて意味ないよ」とは無責任には言えません。都立高に入るのはめちゃくちゃ大変です。(※あくまでも筆者の指導している地域での感想です。)

中学受験がお子さんに最適な選択なのかを見極める

上で紹介したAさんの場合は、地域の公立中のハードな状況からしても中学受験をして正解だったと思います。

しかし中学受験がお子さんや家庭への負担になるような場合、中学受験で家庭内が殺伐とした雰囲気にあるのは、「意味ない」というと言い方が悪いかもしれませんが、そこまで苦しい思いをしてするのはどうなのかと疑問になります。

お子さんが本当に中学受験したいのか、中学受験の勉強が合いそうなのか、むしろ高校受験をした方がお子さんに良さそうか、地元の公立中や高校の状況も見極めつつ、お子さんにとって最適な選択をすることを念頭におくべきです。最適な選択であれば中学受験は意味のあることになります。

まとめ

中学受験はお子さんにとってベストな選択であれば意味があることになると思います。中学入学後や将来のこと、お子さんの気持ちや中学受験の適性、中学受験と高校受験のメリットとデメリットも考えた上で、スタートを決めると良いかと思います。

高校受験でいくならそれに向けた学習の習慣づけは必要でしょう。オール5にするなら勉強以外の実技対策も必要なのかも…と話が中学受験から逸れてきましたね。あくまでも一講師の意見ですが、参考になれば幸いです。

参考:エデュナビ「中学受験をしない選択、公立中学校への進学で親が知っておきたいこと」、栄光ゼミナール「難関校や上位校志望でなくても中学受験する意味はあるの?