英検®をとっておくと中学受験で有利になるって本当?

英検®をとっておくと中学受験で有利になるって本当?

中学入試も多様化、最近では英語やプログラミングを入試に取り入れている学校も。英検®をとっておくと中学受験で有利になるのでしょうか?

どのような優遇措置があるのか、何級をとっておくと有利なのか、中学受験のために対策しておくべきなのか・・・小中学生の指導にあたっていた個別指導塾の元塾講師がまとめました。

※「英検®」は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。※このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

※この記事には一部PRが含まれます。

英検®をとっておくと中学受験で有利になるって本当?

どの学校でも優遇されるというわけではありませんが、実用英語検定英検®)を取得しておくことで中学受験で有利になることがあります。各学校により優遇措置の内容はまちまちですが、具体的には入試での加点や合否判定での利用、試験の免除など。ただし英検®を入試で活用している中学は全国で67校(’21年9月調べ)と必ずしも多いわけではありません。

英検®を取得しておくと・・・

  • 入試で加点される
  • 合否判定で考慮される
  • 英語の試験が免除される
  • 出願資格が得られる

といったメリットが。ただし学校により優遇の内容はまちまち。

しかし最近では小学校でも英語が必修化されたことを受け、英語入試を実施する中学が増加、2021年春には首都圏で143校で英語(選択)入試が実施されています。(参考;首都圏模試センター 受験情報ブログ

小学校のうちに英検®を取得しておくこと=英語の勉強をしておくことは中学受験で有利になる機会が多くなることは間違いないでしょう。直接入試に関係なくても、英語を勉強しておくことは中学入学後はもちろんのこと将来社会に出たとき、役立つことになります。

中学受験では英検®何級を持っておくと良いの?

一般入試において3級を取得しておけば、優遇措置を実施している学校のほとんどに対応できるようです。

英検®を入試に採用している学校は中堅校が多い印象ですが、奈良の難関校、西大和学園でも入試に採用しています。英語重視型入試Bでは2級で50点、準1級で75点、1級で100点が国語・算数の得点に加点されます。(参考:西大和学園生徒募集要項 2022年度(令和4年度)入学試験

中堅校なら3級、上位~難関校や英語に注力している学校なら準2級か2級以上が必要になることが多いようです。5級以上が加点・・・となっていても、フタを開けると準2や2級を持っていれば加点の点数も大きくなることがあったりします。詳細は英検®公式サイトや、各学校の募集要項にてご確認ください

ちなみに英検®のレベルの目安は以下のとおり。

英検®各級とレベル(大まかな目安)

  • 5級・・・中1レベル
  • 4級・・・中2レベル
  • 3級・・・中3レベル
  • 準2級・・・高1~2年レベル
  • 2級・・・高3レベル
  • 準1級・・・大学レベル
  • 1級・・・上級レベル

※小学校での英語が前倒しになり、高校でしか習わなかった内容が中学の英語にも組み込まれるようになったため、特に5~準2級は学年が1つ下がることになるかもしれません。

最近は(中学受験する・しないにかかわらず)3、4級を取得している小学生も多いです。中3生でも学校ですすめられていることもあってか、準2級を目指している生徒が多いです。ちょうどこの記事の執筆時点で筆者が担当している生徒でも準2級の準備をしている中学生が複数いました。

以前筆者がいた塾に帰国子女の小学生が同時期に2人通っていたことがありましたが、塾で筆記の対策をして、2人とも準1級に合格できてました。流ちょうに英語を話すことはできても、小学生だとボキャブラリー(特に抽象的な語句)の面で大変そうでした。その他にも英語が流ちょうな中学生の帰国子女のお子さんを見ていたことがありましたが、中学生ともなると準1級レベルなら楽なようでした。

東京で英検®を入試採用してる中学校は?

英検®の級を持っていると加点や判定の参考、試験の免除や出願資格が与えられる学校を、級ごとにまとめました。(  )内は入試区分です。こちらは2021年9月に調べたものですので、最新かつ正確な情報は必ず各学校の募集要項をご確認ください。

<参考>

  • 5級以上・・・ 京華女子(一般)、桜丘(英検®+英語インタビュー入試)、淑徳SC(一般)、目白研心(一般)
  • 4級以上・・・ 江戸川女子(帰国・一般)、京華女子(英検®利用)、聖徳学園(一般)、明法(一般)、目黒日本大学(一般)、八雲学園(一般)
  • 3級以上・・・ 聖徳学園(帰国)、貞静学園(一般、1科入試)、山脇学園(帰国、英語入試)
  • 準2級以上・・・ 大妻中野(グローバル入試)、城西大学附属城西(一般・帰国)、青稜(帰国)、東京女学館(帰国)
  • 2級以上・・・ 大妻中野(帰国)、昭和女子大附属昭和(一般)

5級以上とされていても、4級や3級と上の級を持っている方がより加点の点数が高くなることがあります。少なくとも3級は取得しておくと受けられる学校の幅も増えて良いと考えられます。詳しくは各校の募集要項を必ずご確認ください。

中学受験のために英検®対策をしておくべきか?

上でご紹介したように決して多くの国私立中学で英検®を入試に採用しているわけではありません。志望校が英検®を採用しているのであれば対策する意味はあるかもしれませんが、将来試験内容が変更になる可能性もあります。まずは国算理社の4教科の対策をしっかり進めておくことが大切でしょう。

しかしまだ受験勉強をスタートしているわけではなく、すでにご家庭で英語の勉強を進めていたり海外にいたことがあって少し英語が話せるお子さんなら、中学受験も視野に入れた対策をしておくのも良いでしょう。もちろん採用してる学校は多くはないので、志望校の入試状況を確認の上で検討することをおすすめします。

中学受験に向けた英検®対策におすすめな英会話3選

英検®対策におすすめな英会話スクールとオンライン英会話2つを紹介します。

Kimini英会話

PR




通塾型よりオンライン英会話が良いという方には学研のKimini英会話がおすすめ。小学生向けコースや英検®対策コースが充実、毎日1レッスンのスタンダードプランが月額6,000円台で受講できます。(英検®5級~2級合格コースの受講にはスタンダードプラン以上の加入が必要になります。)

公式サイトにて無料体験レッスン受付中です。

ワールドトーク

PR

日本人の先生に教わりたいというお子さんには日本人講師中心のワールドトーク。小学生向けレッスン対応、検定対策対応の先生を選んで、オリジナルカリキュラムでレッスンが受けられます。親御さんも日本人の先生だと相談もしやすそう。料金はポイント制、無料体験で780pt分付与されます。

シェーン英会話

PR



シェーン英会話ではネイティブ講師によるオールイングリッシュのレッスンを行っています。

小学生を対象に英検®(準備)対策も行っており、こちらのレッスンは日本人講師が行います。週1回の個人レッスン(5級~2級)が月額26,400円。少人数レッスンや短期集中レッスンも行っています。

校舎は関東・愛知・岐阜・静岡・大阪・京都・兵庫・福岡で展開。オンラインでのレッスンも受け付けています。

まとめ

中学受験で英検®を入試に利用している学校もありますが、必ずしも多くの学校で利用しているというわけではありません。受験勉強と並行しての対策はかなりきつそうなので、受験生ならばまずは4科を固めることを重視。

ただし中学受験の勉強は特にしていない(これからする予定)、ある程度英語に触れる機会が多かったお子さんなら、英検®を取得して受験に活用するという手もあります。

5級以上を基準にしている学校もありますが、少なくとも3級(上位~難関なら準2級以上)を目標にすると入試で活用できる学校の選択肢も増えて良さそうです。