英検とTOEICの違いとおすすめの対策は?

英検とTOEICの違いとおすすめの対策は?

英語の資格試験で中高生が受ける試験といえば英検というイメージが強かったですが、TOEICを大学入試に利用するところもあって、高校生でもTOEIC対策を塾で希望する人が増えてきました。

(’19年11月2日追記)英検は大学入学共通テストの民間試験に参加、TOEICは参加しないことを決定しました。また英語の民間試験導入は2024年度に延期されることに。ずっと対策していた人には残念ですが…

それでも帰国子女や英語教育に熱心な家のお子さんは、TOEICを早めに受検するケースもちらほら聞かれます。

英検やTOEICに関心がある人に、英検とTOEICの違い、またおすすめの英検・TOEIC対策をご紹介します。

スポンサーリンク

英検とは

英検(実用英語検定技能検定)は日本独自の資格試験であり、「公益財団法人 日本英語検定協会」が主催、年に3回実施されています。英検は3級以上は1次試験と2次試験(面接)があります。2次試験は1次を通過しないと受けられません。

5級から1級まで全7ランクあり、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能が評価されます。

採点方法の変更(CSEスコアの採用)があり、各技能で基準を満たす必要があります。英検は正確に何点以上で合格という明確な基準がありませんが、1級・準1級は7割、2~5級は6割が合格ラインの目安とされています。しかし実際にはより高い得点が必要と考えられてます。

目安 備考
5級 中学初級 リーディングとリスニング
4級 中学中級 リーディングとリスニング
3級 中学卒業 3級よりライティング、スピーキング(面接)あり、中学生なら最低限取得しておきたい
準2級 高校中級 成績の良い中学生が取得している
2級 高校卒業 履歴書に書けるレベル、大学入試で有利になることも
準1級 大学中級 大学入試で加点や免除など有利になることも
1級 大学上級 通訳ガイド試験の免除あり

筆者の在籍していた塾で過去にいろいろな帰国子女の小中学生が準1級を受けていましたが、受検した帰国子女全員が準1級に合格していました。準1級は小中学生の英語レベルということでしょうか…。日本語のボキャブラリーが必要にはなりますが、塾でも対策して小学生でも何とかそこはクリアできました。

英検対策のおすすめ!

英検対策は個別指導塾でもコースを組んでやってもらえますが、割高になってしまいがち。価格も抑えてじっくり英検対策に取り組めるのが理想ですね。自宅で手軽にできる英検対策といえば、こちらの教材がおすすめです。



株式会社ショウインが開発・販売している旺文社の英検ネットドリルは、準1級から5級までの旺文社の英検問題集24冊がギュッと詰まったネット教材です。小学生から大人までどなたでも利用できます。

せっかく問題集を購入しても「つんどく」状態になってあまり進められなかったという経験は大人でもあるでしょう。ゲーム感覚で楽しく学習しやすいのはネット教材ならではのメリット。自分のペースで取り組めるのも良いですよね。

公式サイトでこの英検ネットドリルを無料体験できるので、興味のある人は実際にお試ししてみると良いでしょう。

【旺文社 英検ネットドリル】

スポンサーリンク

TOEICとは

TOEICは一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーションが運営しているテストで、英検のように合格・不合格というのはありません。

TOEICのテストには以下のようなテストがあります。

  • TOEIC Listening&Reading Test
  • TOEIC Speaking&Writing Tests
  • TOEIC Speaking Test
  • TOEIC Speaking&Writing Tests
  • TOEIC Writing Test
  • TOEIC Bridge Test

一般的にTOEICといえばTOEIC Listening & Reading Test(TOEIC L&R)を指します。Listening & Reading、つまり聞く、読む技能のテストです。

TOEICは英検のように級ごとに試験が分かれておらず、多くの中高生は内容が難しく感じられます。990点が満点です。なおTOEICは年に10回行われています。

TOEICのスコアは一部の大学で入試の出願要件や、合否判定基準の一部として活用されています。500~700点台を基準にしているところが多いです。

TOEICスコア目安

下表はTOEIC L&Rのレベル目安になります。英検準1級でTOEICのスコアが700~800点、1級で900点台と言われていますので、TOEICのスコアが900点以上ならかなりレベルが高いということになります。

スコア コミュニケーションのレベル目安
400点未満 英語でのコミュニケーションがまだ難しいレベル
400点台 ごく簡単なコミュニケーションならできるレベル
500点台 簡単な英文の聞き取り、短文ならコミュニケーション可能なレベル
600点台 日常生活で簡単なコミュニケーションができるレベル
700点台 ビジネスの場面では最低限必要なレベル
800点台 ビジネスにおいてある程度コミュニケーションできるレベル
900点台 ネイティブとコミュニケーションをスムーズにできるレベル

TOEICの対策方法は?

さまざまなTOEIC対策の教材がありますが、なかなか一人で進めようと思っても思うように進まなかったりします。

かといって個別指導塾やTOEIC対策をしている英会話スクールに通うのは費用もかかるし、時間的な制約もあります。



TOEIC対策を気軽に始めたい、コスパが良く効果的な対策をしたいという人におすすめなのが、1日あたり約90円で始められるスタディサプリのTOEIC L&R対策コースです。

スタディサプリ第一人者&人気講師の関正生先生の5分解説動画が140本も収録。中学レベルからハイレベルまで対応しています。

スマホ1台で文法、単語、演習、トレーニングが完結。7日間無料でスタートできるので気になる方はまずはおためししてみてはいかがでしょうか。

マンツーマンで本格的な対策をしたいという人は、スタディサプリENGLISHの「TOEIC対策 パーソナルコーチプラン」がおすすめです。



スタディサプリENGLISHの「TOEIC対策 パーソナルコーチプラン」ならスマホ・PCが使えれば空いている時間を利用、チャットや音声通話でTOEIC目標スコア達成に向けてコーチのサポートがつきます。

費用は1ヶ月あたり5,677円(税抜)から、こちらも7日間の無料体験があります。

英検とTOEICの違い

中高生にとって特に関係あるのは大学入学共通テストでしょう。

英検は大学入学共通テストで利用される予定ですが(※)、TOEICは利用されません。英語の家庭学習を前倒しで進めているご家庭も少なくありませんが、どのように資格を取得していくか計画をしっかり立て、限りある時間を有効活用することも必要ですね。

※2024年度より導入予定ですが、変更が出るかもしれません。

英検とTOEICの試験回数、費用、級・スコアの比較も紹介しておきます。

試験回数・費用の比較

英検とTOEICの試験回数や費用などを比較したものを、下表にまとめました。

英検 TOEIC
年間試験回数 年3回(1月・6月・10月 二次試験は別日程) 10回(2月・8月以外の月)
費用 1級 9,500円
準1級 7,600円
2級 6,500円(準会場5,500円)
準2級 5,900円(準会場4,900円)
3級 4,900円(準会場3,900円)
4級 3,600円(準会場2,600円)
5級 3,000円(準会場2,000円)
5,830円
申し込み方法 インターネット・コンビニ・特約書店(学校) インターネット・コンビニ
会場 全国約230都市(400会場)
海外4都市
学校・塾・企業などの準会場
全国約80都市

英検は年に3回のみですが、TOEICは年に10回行われています。TOEICは級別には分かれていませんので、ある程度英語力をつけてから受験しないと難しいです。

英検とTOEICの級・スコア比較

英検の級とTOEICのスコアの対応表を、下の表にまとめました(あくまでも目安です)。

英検 TOEICスコア
3~5級 400点未満
準2級 400点台
2級 500点台
準1~2級 600点台
準1級 700点台
準1級 800点台
1級 900点台

まとめ

英検とTOEICについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

英検の上の級を早めに取得できた人は、将来のことをも考えてTOEICに早めにチャレンジしておいても良いでしょう。ただし大学共通テストにはTOEICが利用されないので、中高生の場合は特に計画的に学習していくことが必要となります。