進研ゼミ中学準備講座の評判は?2021年度の教材内容と料金【5教科の復習と先取りにおすすめ!】

進研ゼミ中学準備講座の評判は?2021年度の教材内容と料金【5教科の復習と先取りにおすすめ!】

小6の2学期ともなると、「高校受験に向けてそろそろ中学準備対策をした方が良いかな?」「中学からはどの通信教育にしよう?」とお考えになるご家庭も増えてくる頃でしょう。

今回の記事では小中学生の指導歴が長い塾講師が、進研ゼミ中学準備講座2021年度の教材内容や過去の口コミ・評判をリサーチ、独自の視点も交えつつメリット・デメリットについてもまとめました。

よろしければお子さんの中学準備教材選びの参考にしてください。

進研ゼミ中学準備講座1月号の11/30(火)までのお申込みで、中学準備スタートパックの先行お届けサービスを実施中です。

PR

\お申込みはコチラから!/

進研ゼミ中学準備講座

チャレンジタッチチャレンジ

  • タブレット・テキスト選べる学習スタイル
  • スタンダードとハイレベルの2つのコース
  • 復習も先取りも
  • 準備講座は月あたり 5,730円から*

*中1生12か月一括払いでの1か月あたりの料金

進研ゼミ中学準備講座とは?【’21年度の教材内容・料金】

進研ゼミ中学準備講座の内容(’21年)

  • 1月号からスタート
  • レベル別の5教科レッスン(復習・予習)
  • 英数はオンラインライブ授業
  • 記述対策ドリルあり
  • 全国規模の実力診断テストつき
  • 英語4技能もトレーニング
  • 受講費は月あたり5,730*から
  • 11/30までに申し込めば中学準備スタートパックを9日前後でお届け

*12か月一括払いでの1か月あたりの料金

1月号からスタートする進研ゼミ「中学準備講座」は中学入学前に小学校の復習と中学の予習を進め、基礎力をつけるための講座です。(1月号は12月上旬に届きます。)

中学講座と同様にタブレットで学ぶ「チャレンジタッチ」と紙のテキストで学ぶ「チャレンジ」を選ぶことができます。

コースは基礎固め中心のスタンダードコースと、難関校を目指すハイレレベルコースの2つがあります。(中学講座はタブレット中心のハイブリッドスタイル、紙のテキスト中心のオリジナルスタイルに。コースは中2まで同じです。)

教材の内容は?

毎号
  • チャレンジ→チャレンジ中学準備号
  • チャレンジパッド→デジタルチャレンジ+中学準備記述力ドリル
  • 保護者通信中学準備号
1月号
  • マンガで復習 日本の歴史
  • マンガで先取り 世界の歴史
  • 4教科スピード復習BOOK
3月号
  • 中学準備完成 実力診断テスト
  • 新入生テスト予想問題
  • 中学先取りマンガ5

その他に質問もできるオンラインライブ授業も開催、「電子図書館」まなびライブラリー漢字・計算・英語 全国ランキングバトルも、チャレンジパッド・チャレンジ共通でいつでも利用できます。

また小6の3月号までは「チャレンジイングリッシュ」も追加受講費0円で利用でき、基本レベルから英検準1級対応の英語まで英語学習ができます。

先行お届けサービス(11/30まで)

11/30までに中学準備講座1月号を申し込むと、中学準備スタートパックを先行お届けしています(お申込みから9日前後のお届け)。

中学準備スタートパックの内容

  • 中学準備英単語100
  • 中学までに絶対身につけたい漢字
  • 文章題ニガテゼロBOOK
  • 英語・算数中学準備ドリル
  • トップクラス授業テキスト
  • 思考力トレーニング
  • 中学までに絶対知りたい中学準備&高校入試2021
  • 先輩が教える中学シリーズ

中学準備講座の料金は?

進研ゼミ中学準備講座の料金は、小6生3月号までの料金はチャレンジパッド・チャレンジ共通で

  • 12か月一括払い・・・月あたり 5,730円
  • 6か月一括払い・・・月あたり6,190円
  • 毎月払い・・・月額6,440円

となります。中1講座4月号からはタブレット中心のハイブリッドスタイルと紙テキスト中心のオリジナルスタイルで料金が異なります。

進研ゼミ中学講座の料金

ハイブリッドスタイル 12か月一括払い:月あたり 6,570円
6か月一括払い:月あたり7,230円
毎月払い:月額 7,670円
オリジナルスタイル 12か月一括払い:月あたり 5,980円
6か月一括払い:月あたり6,540円
毎月払い:月額 6,980円

どちらのスタイルでもレベル(学校・志望校)別のテスト対策・志望校対策9教科対応で実技対策教材も届けられます。

タブレット代は初回は9,900円ですが、6か月以上の継続受講(チャレンジパッド→ハイブリッドスタイル)で料金はかかりません。途中でテキストからタブレットにスタイル変更したり、6か月未満の退会だとタブレット代が発生します。

進研ゼミ中学準備講座の評判は?

進研ゼミ中学準備講座の評判もご紹介します。古い口コミも多いので、最新の中学準備講座とは内容が違う点についてご了承ください。

評判1「中学準備講座から進研ゼミ、都立難関校に合格」

今高2の子供ですが、中学準備講座(小61月号~)から進研ゼミをやり、中3の冬期講座のみ併願私立対策で、駿台に通いましたが、都立進学重点校に合格しました。
この子はコツコツ型で、言われなくても専用のノートを用意し、何度も間違えた問題を解いたり、わからない問題は学校の先生に聞いたり、ゼミの質問カードを利用していたようです。

引用:インターエデュ

こちらはかなり古い書き込みからですが、進研ゼミを中学準備講座からコツコツ進め、都立の難関校に合格したという口コミです。

塾を利用したのは中3の冬期講習のみとのこと。早くから学習の習慣をつけていたお子さん、は強いです。いつの時代もコツコツできるお子さんは強いですね。

個別指導塾でも中3冬期講習になって「駆け込み」でいらっしゃる受験生のご家庭もありますが、自宅学習をしっかり進めてこなかったお子さんが直前の対策だけで大幅に力を上げるというのはなあなか難しいです(上位校ならなおさら)。

評判2「付属のドリルが充実している 」

小6息子に届いた、進研ゼミ中学準備講座のチャレンジパッドNEOと鬼滅の刃カレンダー👦

チャレンジパッドNEOは、追加費用なしでもらえる。今までのパッドよりかなりスタイリッシュ✨スマイルゼミと同じく手をついて書ける。

付録のドリルや読み物も充実。やっぱりベネッセなんだよなあ😆💕

引用:Twitter

この年は大ブームだったアニメの付録も中学準備講座についていました。新しいチャレンジパッドの書きやすさに加え、付録のドリルも充実している点を評価しているようです。

進研ゼミはタブレットもありますが、(もともとはテキストの通信教育だったこともあるからか)紙に「書く」ことも重視しています。

タブレット学習より紙の学習の方が学習効果が高かったという調査結果も報告されています。*

なお’22年度の中1生からはさらに新しいチャレンジパッドNextが登場。より書きやすく反応も良くなることが期待できます。

評判3「子どものモチベーションを上げるのがうまい」

日々の予習復習にと思って進研ゼミ中学準備講座から入会。スターターセットが届いた。勉強以外の付録の多さにたじろぐ💦やはりシンプルさには欠けるけど中学に向けてモチベーションがあがるような教材作りをしてくれてる印象。

引用:Twitter

こちらは勉強以外の付録にちょっと戸惑いの声。ただご指摘のとおり「勉強か~」と気が乗らないお子さんでも「何だか面白そう!」と興味を引くきっかけにはなりそうですね。

以前塾の自習室で進研ゼミに取り組んでいた塾生がいましたが、マンガなどがあってもちょっとなごむ程度(?)で、あとはただただ勉強してました。勉強をコツコツ頑張れるお子さんはスルー力も強いようですね。

評判4「 タブレットの問題形式に不満」

進研ゼミの中学準備講座を1月から契約。
タブレットのコースにしたんだけど、いざ届いて使ってみたら…
問題が選択肢を選ぶ方式…!

引用:Twitter

こちらの口コミのように、タブレットの問題形式に不満の声もありました。進研ゼミはチャレンジパッド(ハイブリッドスタイル)でも「紙に書く」ことも重視しているので、タブレットで勉強を完結させたいというご家庭には進研ゼミは向いていないと思われます。

スタイル変更をするとタブレット代がかかってしまうのも注意したいところです。タブレット返却無料のキャンペーンをやっているときであればタブレット代がかからず良いのですが、いつでもやっているわけではありませんので学習スタイルを選ぶときは慎重にした方が良さそうです。

\お申込み・資料請求はコチラから/

⇒進研ゼミ中学講座の詳細・評判はコチラ

進研ゼミ中学準備講座のメリット・デメリット

進研ゼミ中学準備講座の教材内容と口コミを参考に、メリットとデメリットをまとめました。

進研ゼミ中学準備講座6つのメリット

  • 5教科の復習や先取りも
  • 英語4技能が伸ばせる
  • オンラインライブ授業あり
  • 記述力をつけられる
  • たくさんの付録つき
  • 中学生活や高校受験の情報も

月あたり6,000円前後の費用で、5教科の総復習や中学内容の先取りもできるのはかなりお得感があると思います。(塾だと1教科でも月1~2万円かかったりします。お試しコースを利用するという手もありますが・・・入会前提だと結局高くつきます。)

英語に関しては読む・聞く・書く・話すの4技能を伸ばすトレーニングが行え、高校受験に向けての対策た英検準一級レベルに対応する学習も進められます。英語だけもともと先取り学習していたというご家庭にも使いやすそうです。

スタートパックではメイン教材以外にもさまざまな付録がついてきたり、中学校生活や受験に関する情報も得られたり、盛りだくさんなところが進研ゼミのメリットです。

進研ゼミ中学準備講座2つのデメリット

  • 教材が遊びの要素多め
  • タブレット学習で完結させられない
  • スタイル変更はタブレット代に注意

進研ゼミはそれほど勉強に関心がないお子さんでの気を引くような仕掛けがいっぱい。おもしろいマンガやかわいいイラストも多用されてますが、それが苦手なお子さんやご家庭にはちょっと合わないかもしれません。

また進研ゼミのタブレット(チャレンジパッド)は紙のテキストを使った学習も想定した内容で、タブレットで完結させたいご家庭にも向いていないかもしれません

またタブレットからのスタイル変更は(通常時は)6か月未満だとタブレット代がかかるのもデメリット(初回6か月以上で無料なのはメリットですが)。中学準備講座をスタートするときはどっちが良いかお子さんともよく話し合って検討した方が良いかもしれません。

まとめ



進研ゼミ中学準備講座の内容や評判について見てきました。小学校内容の総復習と中学校の先取りもでき、テキストでもデジタル教材を、タブレットでも紙の教材を使って学習するという、紙に「書く」ことにもこだわった教材は実践の場でも役立ちそうと思います。

楽しい要素もあるのでちょっと勉強に乗り気でないお子さんでもとっつきやすいでしょう。「与えられればやるタイプなお子さん」なら進研ゼミ中学準備講座で高校受験対策に向け、一足早く良いスタートを切れそうですね。

高校受験に向けて一足早くスタートダッシュしたい・・・というご家庭は、よかったら進研ゼミ中学準備講座をご利用になってみてはいかがでしょうか?進研ゼミは最短2か月から受講できます。

\お申込み・資料請求はコチラから/

*参考元

「紙媒体の方がディスプレーより理解できる」ダイレクトメールに関する脳科学実験で確認(https://www.toppan-f.co.jp/news/2013/0723.html

政府が進める「デジタル教科書」の“不都合な真実” 5年間使った小学校が「紙の教科書」に戻したワケ(https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12220615/