【小学生の通信教育】選び方のポイントとおすすめ教材

【小学生の通信教育】選び方のポイントとおすすめ教材

小学生向け通信教育の選び方のポイントと、おすすめ教材についてまとめました(主に非受験)。

通信教育といえば進研ゼミとZ会の「二強」をまず思い浮かべるのではないでしょうか。保護者の方でも小学生のときに利用していたという方もいるかもしれませんね。

昔は紙の教材が当たり前でしたが、インターネットを利用した通信教材(動画授業)、最近では「タブレット教材」も人気に。Z会や進研ゼミもタブレットを採用してますが、「スマイルゼミ」「デキタス」なども注目を集めてます。

通信教育を選ぶとき気になるのは「みんなは何を使っているのか」、「口コミ・評判が良いか」でしょう。しかし単に「みんなが使っているから」「口コミがいいから」という理由だけで選ぶと、お子さんの成長を妨げる恐れがあります。

お子さんに合った教材選びで中学、高校、大学進学に…そして将来につなげていきたいですね。

スポンサーリンク

小学生の通信教育選びのポイント

andrii SinenkyiによるPixabayからの画像

通信教育を選ぶとき周囲の評判も気になるところですが、最低限以下の4つのポイントはまず押さえておくべきです。

お子さんの学力と合っているか?
教科やオプションがニーズに合っているか?
教材のタイプがお子さんと合っているか?
料金が予算内か?
サポートはしっかりしているか?

お子さんの学力と合っているか?

例えばZ会にはスタンダードとハイレベルの2つのコースがありますが、特にハイレベルはレベルが高く、中学受験(私国立や公立中高一貫校対策)のベースを作るようなものです。

学校の勉強に合わせた対策をしたい…とお考えの方には合わないでしょう。

進研ゼミは教科書に合わせた対策をしてくれますが、ハイレベルな問題に取り組みたいお子さんには逆に物足りなく感じるかもしれません。

このようにお子さんの学力や目指すところに教材のレベルが合っているかは、教材選びの重要なポイントになります。

教科やオプションがニーズに合っているか?

各通信教育によって教科やオプションはさまざまです。進研ゼミのようにプログラミング講座までついてくるところもあれば、1教科から選べるZ会のような通信教育も。

「苦手な算数と英語を学ばせたい」という保護者の方には、全教科がまるごとついてくる教材はちょっと損した気分になるかもしれません。ただし価格があまり高くない教材なら、お得感も感じられます。

教材のタイプがお子さんと合っているか?

教材のタイプもさまざま、紙教材やタブレットを使う「Z会」や「進研ゼミ」、タブレット1台で完結する「スマイルゼミ」、PCやタブレット、プリント教材で学習する「すらら」などがあります。

どちらかといえば紙教材で勉強する通信教育教材は、もともと学習の習慣が身についているお子さん向きです。Z会はあっさり、進研ゼミはイラストが使われたりなど「息抜き」するページもあります。どちらが集中して勉強しやすいかはお子さんの性格との相性もあります。

なかなか机に向かわなかったお子さんも、タブレットだと勉強に取り組みやすいというメリットがあります。ただついついタブレットを使ってインターネットを使ってしまったり、別の遊びをしてしまう恐れもありますが…。

料金が予算内か?

通信教材への予算も考えないといけません。ご家庭によりまちまちですよね。

いろいろ習い事もしているし、教材費は5,000円以内でおさめたい

という方もいれば、

特に塾にも通わせていないので1万円ぐらいなら

という方も。

さらに、

将来中学受験を考えているので、良質な教材であれば高くても構わない

という方もいらっしゃるでしょう。

また通信教材は一般的に低学年は安くても高学年になると高くなっていきますので、先の学年の料金もチェックした方が良いでしょう(それでも塾よりは安く済みますが)。

月の予算はご家庭の状況によってもさまざまですので、ニーズと予算に合った教材選びで負担にならないようにするのがベストです。

サポートはしっかりしているか?

お子さんが勉強をちゃんと進められているのかチェックできたり、わからないとろがあれば質問できたり、電話で気軽に問い合わせできたり…などなど、保護者の方のニーズに合ったサポートが得られる通信教材なのかどうかも、選ぶポイントの一つです。

スポンサーリンク

お子さんに合った通信教育のおすすめは?

さまざまな小学生向け通信教育がありますが、今回はZ会、進研ゼミ、スマイルゼミ、すららをおすすめとしてご紹介しています。

  • 東大・京大・早慶など、難関大を目指したい
  • 中学受験をするかもしれない
  • ハイレベルな勉強をさせたい
  • 添削指導があるのが良い
  • お子さんを見ていると勉強するのは結構好きな様子

→ という方にはZ会が向いています。Z会についてはコチラから。

  • 教科書に合わせた勉強をしつつ、応用力も養いたい
  • 公立中高一貫対策もするかも
  • 英語の先取り学習にも興味がある
  • 添削指導があるのが良い
  • 楽しそうなテキストの方が勉強にやる気が出る様子

→ という方には進研ゼミが向いています。進研ゼミについてはコチラから。

  • 教科書に合った勉強をしたい
  • 応用問題にもチャレンジさせたい
  • 英語やプログラミングなどいろんな勉強にもできるだけ触れさせたい
  • 机に向かって勉強するのが苦手
  • 短くても良いのでとにかく学習の習慣をつけたい

→ という方にはスマイルゼミが向いています。スマイルゼミについてはコチラから。

  • 前の学年から勉強しなおしたい
  • 得意な教科は次の学年の先取りをしたい
  • 家庭学習の習慣をつけさせたい
  • ゲーム感覚で楽しく勉強できる教材が良い
  • わからないところがあれば質問したい

→ という方にはすららが向いています。すららについてはコチラから。

上であげた「学力・教科やオプション・教材のタイプ・料金・サポート」の5つの観点から、各通信教育のポイントをまとめました。

Z会のおすすめポイント




Z会の小学生コースのポイントをまとめました。(※12か月一括払いを利用した料金)

教科書内容~ハイレベルな勉強まで
必要な教科から選べる、小5から作文、公立中高一貫対策など
タブレットコースあり
月額(小3~小6本科)1教科1,518円~1,861円より、4教科で4,992円~6,904円より(※)
添削指導つき、(タブレットコースのみ)Z会保護者アプリ

Z会といえば難関校対策のイメージがありますが、やはり小学生向けコースでも問題のレベルが高く、イラストも使われていますがシンプルなつくりになっています。

紙のテキストとタブレットコースがありますが、タブレットコースだと進捗状況もチェックしやすいメリットがあります。一人でもコツコツやれるお子さんは普通のテキストでもいいでしょう。

Z会は受講したいレベルに応じてスタンダードとハイレベル(オプションで追加料金)があり、教科書内容+発展的な内容まで学習できます。算数・理科・社会は教科書のカリキュラムに合わせていますが、国語はZ会オリジナルです。

1教科から選べますが、4教科、5教科セットだとお得感があります。

今ならZ会小学生コース・小学生タブレットコースの資料請求で「かんぺきワーク」と「Z会オリジナル星座早見キット」をプレゼント中です(なくなり次第終了)。

\Z会の資料請求はこちらから/

進研ゼミのおすすめポイント



進研ゼミの小学講座のポイントをまとめました。(※12か月一括払いを利用した料金)

教科書に合った内容、英語は先取りもOK
2教科~4教科+英語セット、プログラミング教材、オプションあり
タブレットコースあり、Wとき直し機能つき
月額 (小1)2教科+英語で2,980円より、(小6)4教科+英語+実力診断で5,730円より(※)
添削指導つき、(チャレンジタッチのみ)おうえんネット

進研ゼミには紙のテキストで学習する「チャレンジ」と、タブレットで学習する「チャレンジタッチ」があります。保護者向けの「おうえんネット」でお子さんの学習状況がわかります。

タブレットだとお子さんも取り組みやすく、保護者の方も学習状況をチェックしやすいのがメリットですが、気になるのはタブレット代ですね。進研ゼミでは6か月以上の継続受講で、タブレット代が無料となります。

進研ゼミの専用タブレットは、自由にインターネットに接続できない設計にもなっています。

塾に通わせると低学年でも結構なお値段になってしまいますが、通信教材なら教科も充実、毎日コツコツ勉強する仕組みがつくられています。その中でも選ばれているのがこの進研ゼミです。

\Wとき直し機能で成績アップ/

スマイルゼミのおすすめポイント



スマイルゼミの小学生コースのポイントをまとめました。(※12か月一括払いを利用した料金)

教科書内容~応用問題まで
4教科+英語、漢検や計算ドリル、プログラミング、英語プレミアムも
高機能なタブレット教材
月額(小1~小6標準クラス)2,980円+税~5,100円+税より(※)
全額返金保証あり、学習状況チェック、あんしんインターネット

スマイルゼミは標準クラスと発展クラスがあります。発展クラスは中学受験を視野に入れている人にもおすすめされています。

タブレットだけで勉強が完結、あまり机に向かう習慣がないというお子さんにも取り組みやすい通信教材です。5教科以外に漢検や計算ドリルもついていて、プログラミング講座もあり、オプションの英語プレミアムでは英検2級まで学習できます。

保護者の方がお子さんの学習状況をチェックでき、「あんしんインターネット」機能で有害サイトへのアクセスを制限、インターネットの利用を保護者の方が設定することができます。タブレットで遊んでばかり…ということを避けることができ、安心ですね。

スマイルゼミは全額返金保証(約2週間おためし)がついているので、気軽におためししやすいのもポイントです。

\全額返金保証付き♪スマイルゼミの資料請求はコチラから/

すららのおすすめポイント


すららの小学生向けコースのポイントをまとめました。

教科書内容~ハイレベルな勉強まで、無学年制
英算(数)国の3教科+英検・数検対策
PCやタブレットで学習
月額(小中)7,480円~8,000円+税、(小中高)10,000円+税
すららコーチ(現役塾講師)がアドバイス、質問もOK

すららは無学年制のインターネット教材で、どんどん先取り学習したいお子さんにも、勉強が苦手なお子さんにも使いやすいタイプの通信教育教材です。

対話型アニメーションの教材で飽きにくいのが特徴です。中にはすららで1日何時間も勉強しているお子さんもいるそうです。

すららは学校の教科書に完全準拠してるわけではありませんが、対応表があるので学校に合わせて勉強することができます。

またすららは英検や数検の対策もでき、得意な教科は先の学年の内容を勉強したり、苦手教科は前の学年にもどって学習することもできます。

\すららの資料請求はコチラ!/

まとめ

通信教育や塾を選ぶときに周囲の多数派の意見や口コミを参考にすることが多いですが、その他にもお子さんの学力や目指しているところとの相性、教科やオプション、教材のタイプとの相性、料金や希望のサポートが得られるのか?を事前に知っておくことで、後悔しない通信教材選びができるでしょう。