中学歴史 明治時代の産業~まとめと問題

中学歴史 明治時代の産業~まとめと問題

今回は明治時代の産業についてまとめました。明治時代には富岡製糸場、八幡製鉄所が開業されました。日本の産業が活発になる一方、労働環境への不満が労働者たちから出るようになりました。

明治時代の産業革命、労働運動、公害問題について確認してみましょう。

スポンサーリンク

明治時代の産業のポイント

中学歴史 明治時代の産業~まとめと問題

明治時代には産業が急速に発展しますが、同時に労働問題や公害問題も起こります。

明治時代の産業革命

富岡製糸場が開業して軽工業を中心に産業革命が急速に進行、日清戦争で得た賠償金の一部を利用し八幡製鉄所が建設されます。当初は鉄の生産がうまくいきませんでしたが、後に改良が進められ、日本の重工業発展のきっかけとなります。

1872年 富岡製糸場(群馬県)が開業

1880年代 軽工業を中心に産業革命が起きる(紡績…綿糸を作る、製糸…生糸を作る)

・官営工場の払い下げ(財政負担を軽くするため)→ 三井三菱などの大会社(財閥へ)

・紡績会社の設立 → 大阪紡績会社(渋沢栄一)

1901年 八幡製鉄所(福岡県)開業

日露戦争(1904年)~ 世界最大の生糸輸出国

・生糸 → アメリカ、綿糸 → アジア

労働運動の活発化

労働者の賃金は安く、長時間労働を強いられることもありました。労働者たちは労働組合を結成し、雇い主と労働条件について交渉するようになります。

労働運動が活発化し、社会主義思想とも結びつくようになります。

足尾銅山鉱毒事件と田中正造

1870年代後半頃から渡良瀬川周辺で起きた、足尾銅山鉱毒事件が大きな社会問題になりました。

田中正造が帝国議会で問題に取り上げ、解決するためのさまざまな活動を行いました。1901年に議員を辞めて、天皇に直訴を決行しようとしましたが、直接渡す前に取り押さえられました。

田中正造は初の衆議院選挙で当選した人物でもあります。直訴状は幸徳秋水が起草、内村鑑三の呼びかけで視察団が現場を見に行きました。

スポンサーリンク

【問題編】明治時代の産業

中学歴史 明治時代の産業~まとめと問題

問1 1872年、群馬県で開業された初の官営模範工場の名前は何ですか。

答えを確認

問2 (     )の中から正しいものを選びなさい。

(1) 日露戦争後、日本は世界最大の( 生糸・綿糸・鉄 )の輸出国となりました。

答えを確認

(2) 綿糸は( アジア・アメリカ )に、生糸は( アジア・アメリカ )に主に輸出されました。

答えを確認

問3 日清戦争の賠償金の一部で建設され、1901年に開業した官営の製鉄所を答えなさい。

答えを確認

問4 (     )に入る語句を答えなさい。

官営工場の払い下げが三井、三菱、住友、古河など(     )の形成につながりました。

答えを確認

問5 労働条件の改善のため、労働者が結成した団体を何といいますか。

答えを確認

問6 足尾銅山鉱毒事件を帝国議会で取り上げ、天皇に直訴しようとした人物は誰ですか。

答えを確認

まとめ

明治時代の産業革命、労働運動、足尾銅山鉱毒事件について確認してきました。

明治時代は軽工業が大きく発展、日本は世界最大の生糸輸出国になります。日清戦争後には八幡製鉄所も建設され、重工業の発展のきっかけになります。

産業が大きく発展するとともに、労働運動や公害問題も起こりました。労働運動は社会主義運動とも結びついていきました。