アジアの国旗一覧・意味と由来まとめと問題

アジアの国旗一覧・意味と由来まとめと問題

アジアの国旗一覧と国旗の特徴や由来に関してまとめました。

アジアの国の国旗を選ぶ問題もあります。由来と国の歴史も覚えると、国旗も覚えやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

アジアの国旗一覧、意味と由来

アジア各国の国旗一覧と国旗の由来などを下の表にまとめました。

※ 国旗は簡略化したものとなっています。

国旗 国名・意味・由来
アフガニスタン(アフガニスタン・イスラム国)

黒、赤、緑の3色に白の国章を配置した国旗。黒は過去の国旗で用いられた色で、赤は戦士の流した血、緑はイスラムの象徴を表し、国章にはシャハーダとモスク、麦の穂、剣が描かれています。

アラブ首長国連邦

赤、緑、白、黒の4色が用いられた国旗。赤、白、緑は汎アラブ色で、赤は血、白は清浄、緑は肥沃な土地、黒は戦争を表しています。

イエメン(イエメン共和国)

赤は情熱、革命、白は平和と希望、黒は過去の圧政を表しています。

イスラエル

白地に2本の青線、六芒星(ダビデの星)を中央に置いた国旗、六芒星旗。白は清浄、青はタリート(高僧の肩掛け)を表しています。第二次世界大戦中にユダヤ義勇軍の軍旗として使われていました。ダビデの星はロスチャイルド家の家紋にも使われていました。

イラク(イラク共和国)

赤、白、黒の横じまに、中央の白い部分に緑の文字が書かれた国旗。赤・白・黒・緑はアラブ・イスラム国の象徴的な色です。中央には「アッラーフ・アクバル(アッラーフは最も偉大である)」の文言が書かれています。

イラン(イラン・イスラム共和国)

緑、白、赤の横じまに、赤の国章が配置された国旗。緑はイスラムの象徴、白は平和、赤は勇敢さを表し、国章にサーベルと4つの三日月が描かれています。

 

インド

サフラン(オレンジ)・白・緑の3色の国旗。サフランはヒンドゥー教、緑はイスラム今日、白は2つの宗教の融合とその他の宗教を表し、中央にはアショーカ・チャクラがあります。

インドネシア(インドネシア共和国)

赤と白の2色の国旗。赤は情熱、自由、勇気を、白は純潔、正義を表しています。(赤と白は太陽と月を表す色でもあります。)モナコの国旗と配色が同じですが、インドネシアは縦:横が2:3の比率になっています。

オマーン

赤、白、緑の3色と白い国章が入った国旗。赤は国防、白は平和、緑は農作物による繁栄を表し、国章にはカンジャル(オマーンの短剣)と達が使われています。

カタール

白と海老茶色の2色で、色の境目がジグザグになっている国旗。白は平和、9つのジグザグは行政区の数を表しています。元は赤色だった部分が色あせてマルーンカラーになり、それを国旗の色としました。バーレーンの国旗もデザインが似ています。

カンボジア(カンボジア王国)

靑・赤・青のボーダーに、白いアンコールワット(世界遺産の寺院)が中央にある国旗です。青は王権、赤は国家、白は仏教徒を表しています。

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)

靑・赤・青のボーダーに白のライン、星の入った円が配置された国旗です。赤と青は北朝鮮の伝統的な色で、青は平和と国際連帯、赤は不屈の精神、白は光明と清浄を表しています。

クウェート

赤、白、黒、緑の汎アラブ色が使われ、緑・白・赤は横じま、黒の部分が台形型になった国旗。黒は戦争(馬に乗ったクウェートの戦士)、緑は平和、白は清浄、赤は血を表しています。

サウジアラビア(サウジアラビア王国)

緑地に白の文字と刀(国宝、ラハイヤン)が描かれた国旗。緑はイスラムの象徴で、「アッラーのほかに神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒なり」というシャハーダが書かれています。

シリア(シリア・アラブ共和国)

赤・白・黒の3色に、緑の星が2つ白の部分に配置された国旗。赤・白・黒・緑は汎アラブ色、緑の2つの星はエジプトとシリアを表しています。

シンガポール(シンガポール共和国)

赤と白の2色、上側に白い月と5つの星が置かれている国旗です。赤は平等と世界人類の平和、白は純粋さと高潔、三日月は若い国家、5つの星は民主・平和・進歩・正義・平等の理念を表しています。

スリランカ(スリランカ民主社会主義共和国)

緑とサフラン(オレンジ)、赤地に剣を持つライオンの像が配置された国旗。緑はイスラム教、サフラン(オレンジ)はヒンドゥー教を表し、ライオンは国のシンボルを表しています。

タイ

赤、白、靑、白、赤のボーダーの国旗、トン・トライロング(三色旗)。赤は国家、白は仏教、靑は王権を表しています。

韓国(大韓民国)

中央に赤と青の円、周囲に卦(け、または[か])を配置した国旗、太極旗。中央は陰と陽を、四方の卦は乾 (けん)、坤 ( こん)、坎 (かん)、離 (り) で東西南北など4つの調和したものを表しています。

中国(中華人民共和国)

赤地に1つの大きい星と4つの小さい星を配置した国旗。赤は革命、黄色は光明、大きな星は中国共産党、4つの小さな星は4つの階級(労働者、農民、知識人、小資産階級・愛国的資本家)を表しています。

トルコ(トルコ共和国)

赤地に白い月と星が配置された国旗、新月旗。赤はオスマン朝の色、三日月と星は進歩、独立、国民の一致を表し、オスマン帝国の国旗も赤字に三日月と星が使われていました。

日本

白地に赤の円が配置された国旗、日章旗、日の丸。赤い円は太陽を表しています。古くから白と赤、日の丸の旗が使われていました。バングラデシュ、パラオの国旗も日本の国旗と似たデザインです。

ネパール(ネパール共和国)

三角旗を2つ組み合わせてできた国旗で、四角形をしていない国旗はネパールだけです。深紅は国花であるシャクナゲの花の色でもあり、国民の勇敢さを表しています。青はヒマラヤの色で平和を表しています。2つの三角形はヒマラヤの形とヒンドゥー教・仏教を表し、月はもともと王室、太陽は宰相家を表していましたが、国が月や太陽のように長く発展することを願っています。

バーレーン(バーレーン王国)

白と赤の2色で、色の境目がジグザグになっている国旗。ジグザグの5つの頂点はイスラム教の五行を表しています。カタールの国旗とデザインが似ています。

パキスタン(パキスタン・イスラム共和国)

白と緑の2色で、緑の上には月と星が配置された国旗。緑はイスラム教徒、白はイスラム教徒以外の少数派、三日月は進歩、星は光と知識を表します。

バングラデシュ(バングラデシュ人民共和国)

緑地に赤い丸が配置された国旗。緑は豊かな大地、赤は昇る太陽、独立戦争で亡くなった人の血を表しています。

東ティモール(東ティモール民主共和国)

赤地に黄色と黒の三角形と白い星が配置された国旗。赤は独立戦争で流れた血、黄色は植民地主義の跡、黒は乗り越えなければならない反啓蒙主義、白は平和、星は道を示す光を表しています。

フィリピン(フィリピン共和国)

白、青、赤と、白地の部分に黄色の太陽と3つの星を配置した国旗。白は平等と友愛、青は平和と正義、赤は勇気と愛国心、黄色い太陽は自由、太陽の8本の光線はルソン島の8つの州、3つの星はルソン島、ミンダナオ島、ヴィサヤ諸島を表しています。

ブータン(ブータン王国)

黄色とオレンジの2色地に、白いドラゴンが配置された国旗。黄色は王家、オレンジはチベット仏教、白のドラゴンは国の象徴であり富を示すものです。

 

ブルネイ(ブルネイ・ダルサラーム国)

黄色に白と黒の斜めのストライブ、中央に赤い国章が配置された国旗。黄色はサルタン(スルタン、国王)、白と黒の2色は2人のワジール(宰相、大臣と地方長官)を表し、国章は三日月(イスラム教の象徴)、傘、翼、両手でできています。

ベトナム(ベトナム社会主義共和国)

赤地に黄色の星が中央に配置された国旗、金星紅旗。赤は社会主義国を象徴する色で戦士が流した血を、黄色の星は革命、5つの光は労働者・農民・兵士・青年・知識人を表しています。

 

マレーシア

赤、白のボーダーと、左上は青地に月と星を配置した国旗。赤、白、青はかつてマレーシアを統治していたイギリスの国旗が由来に、赤と白の14本の線はマレーシア独立時の州の数、月と星はイスラム教の象徴を表しています。

ミャンマー(ミャンマー連邦)

黄色、緑、赤の3色の横じまの中央に白い星が配置された国旗。黄色は国民の団結、緑は平和と緑豊かな環境、赤は勇気と決断力、星は国家の統一を表しています。

モルディブ(モルディブ共和国)

赤地に緑の長方形、白い月が配置された国旗。赤は戦士の血、緑と月はイスラム教の象徴を表しています。

モンゴル

赤・青・赤の縦じま、左側の赤地に黄色いソヨンボが描かれた国旗。赤は正義、青はモンゴルの空を表しています。モンゴルでかつて使われていた文字のソヨンボは炎と太陽、月、矢、陰陽、要塞などが描かれています。

ヨルダン(ヨルダン・ハシミテ王国)

黒・白・緑の横じまに、赤の三角、赤の部分に白い星が配置された国旗。赤・白・黒・緑は汎アラブ色、黒・白・緑の3本線はアッバース朝、ウマイヤ朝、ファーティマ朝を、赤の三角は聖者マホメット、星の7つの光はコーランの第1章7行への敬意とアラブ人民族の単一性を表しています。

ラオス(ラオス人民民主共和国)

赤・青・赤のストライプに白い月が配置された国旗。赤は戦士の血、青は豊かさとメコン川、月はメコン川に昇る月であり、共産党政府の統一を表しています。

 

レバノン(レバノン共和国)

赤・白・赤の横じまに、白の部分に緑のレバノンスギが配置された国旗。赤は勇気と正義、白は平和と純潔、レバノンスギは聖書にも出てくるキリスト教徒の象徴です。

▼ 世界の国旗一覧はコチラから

スポンサーリンク

【問題編】アジアの国旗

問 次の国の国旗をア~ウ(またはア・イ)から選びましょう。

(1) インド

▼答えを確認

(2) バングラデシュ

▼答えを確認

(3) ベトナム


▼答えを確認

 

(4) ネパール

▼答えを確認

(5) トルコ

▼答えを確認

(6) バーレーン

▼答えを確認

今回の記事で使用した国旗の素材は、『フレームイラスト』さんからいただきました。

国旗を全部覚えたい人におすすめ

▼ 国旗クイズはコチラ

クイズでマナブ「社会の常識 世界の国旗クイズ」(外部リンク)