インターナショナルスクールに入れて後悔!? 考えられる6つのリスク

インターナショナルスクールに入れて後悔!? 考えられる6つのリスク

小さいお子さんがいる親御さんで、

「自分は英語ができなくて、就職するとき、社会人になってからも苦労した。子どもには英語ペラペラになって楽な人生送らせたい。」

「グローバル社会で活躍できるよう、子どものうちから英語力をしっかり身につけさせたい。」

とお思いですか?

お子さんに確かな英語力を身につけさせる方法の一つとして、小学校から「インターナショナルスクール」に通わせることがあります。

しかし、中にはお子さんをインターナショナルスクールに通わせて後悔しているという親御さんもいらっしゃるようです。

一体どのようなことで後悔することがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

インターナショナルスクールで後悔!? 6つのリスク

これからお子さんをインターナショナルスクールに通わせようか検討中の保護者の方に、インターナショナルスクールに入れて後悔しがちな6つのリスクをご紹介します。

学費が高すぎる

地域によっても相場は違いますが、インターナショナルスクールの年間の学費は200万円程度

私立小でも年間の学費が100万円近くするところがありますが、インターナショナルスクールならその倍です。

比較的経済的に余裕のあるご家庭でないとインターナショナルスクールには通えませんが、余裕のあるご家庭でも家計が厳しい、学費が高い…と感じることもあるようです。

大学まで通わせるとどれぐらいの額になるのか、不測の事態も検討しながら余裕をもった教育投資をするべきでしょう。

学校になじめない

小学校から、あるいは編入で小学校の途中からインターナショナルスクールに入った英語の話せないお子さんなら、日本人の多い学校でもプリスクールから英語を勉強している人ばかりだと、学校になじみにくいでしょう。

インターナショナルスクールによっても環境は異なりますが、みんな英語ペラペラなのに自分は日本語しか話せない…という状況に置かれたお子さんのストレスは計り知れません。

漢字が書けない

高校までインターナショナルスクールで順調に英語力を伸ばしてきているけれど、日本語の勉強はあまりできていなくて小学生レベルの漢字も怪しい、という話も聞きます。(そういう生徒さんも過去に見たことがあります。)

海外で生活するならまだいいのですが、大学や就職は国内でとなると漢字ができないのは厳しいでしょう。

後悔しないよう日本語の勉強もしっかり行っておくのがおすすめです。海外の大学に進学するならオンライン家庭教師を利用して日本語の勉強をするのも良いかも。

学力・一般常識が不十分

漢字以外にも本来日本の学校で学習するような教科や一般常識が、インターナショナルスクールに通っていると不十分になる恐れもあります。

アメリカの議会のしくみはわかるけれど、日本の国会のしくみはよくわからなかったり、日本語を話す機会が少ないため、基本的な日本語のボキャブラリーが少なくなりがちです

英語も日本語も中途半端

せっかくインターナショナルスクールに通っているのに英語を使うのは学校だけ、学校は日本語で話すのもOKなので英語力が中途半端に。日本語も親ともあまり話さず、難しい言葉を知らずに育ち、日本語も中途半端になってしまう恐れがあります

将来人とのコミュニケーションで失礼な言い方をしてしまったり、何らかの困難が生じる可能性も。家庭でのフォローも必要かもしれません。

受験資格がとれないスクールもある

インターナショナルスクールの中には大学への入学資格(高卒の資格)がとれるスクールがありますが、中には資格がとれないスクールもあります。

そのような場合自分で高卒認定試験(旧大検)を受けないといけません。

日本語が厳しいと選べる大学が限られる

日本語の講義だとついていけないというインターナショナルスクール出身の学生に、すべての授業を英語で行っている大学もあります。(東大のPEAK、早稲田のSILS、ICU国際教育学部、立教など)

ただしこれらは経営、国際教養など文系が主なもの。理系分野に進みたいお子さんには合わないです。

スポンサーリンク

インターナショナルスクールで後悔しないために

「インターナショナルスクールに通っておけば良かった」と、むしろインターナショナルスクールに通わなかったことを後悔されている人も多くいらっしゃいます。

それだけ大人になるほど英語の必要性を感じる機会が多いということなのでしょう。

後悔しないためにも学費を余裕を持って払えるかどうかよく検討すること、英語が習得できるスクールを選ぶこと、日本語の勉強もおろそかにしないこと(せめて会話だけでも)…に注意しておくと良いでしょう。

また大学進学のことも視野に入れて、通いたいインターナショナルスクールが大学の入学資格がとれる学校なのか確認を、必要に応じて高卒認定試験対策もしっかり進めることも重要です。

日本の義務教育を受けながらインターナショナルスクールも通いたいという方は、オンラインのインターナショナルスクールを利用するという選択肢もあります。

オンライン・インターナショナルスクールで後悔しない英語学習

学費が抑えられ、日本の義務教育も受けながら通える、オンライン・インターナショナルスクールのGlobal Step Acadmyをご紹介します。

初月最大5回のレッスンが無料


Global Step Acadmy は月額9,800円(税抜)から受講できるオンラインのインターナショナルスクールです。

聞く・話すだけでなく、読む・書く力も養い、英語4技能を身につけていきます。最終的にはネイティブレベルまでリードしてくれるカリキュラム。

プログラミングや算数なども英語で学ぶことができ、ゲームで英語学習を進めるコースも。いわゆるオンライン英会話と違い、インタナショナルスールならではのさまざまな学びのスタイルが提供されています。

グローバル社会でお子さんが活躍できるために必須の英語力、小学校に通いながら身につけたいならおすすめです。

初月は最大5回のレッスンが無料で受けられます。

オンライン英会話に興味のある方はコチラの記事を。

英語教材に興味のある方はコチラの記事を。

英語カテゴリの最新記事