中1英語 be動詞と一般動詞の違い

中1英語 be動詞と一般動詞の違い

中1英語で混乱しやすい「be動詞と一般動詞」の単元を学習します。be動詞・一般動詞を一通り学習している人向けの内容です。ここでは現在形のみ、3単現(動詞にsをつける文法)は取り扱っていません。

be動詞や一般動詞のみを習っているときは理解できても、be動詞と一般動詞が混ざって問題に出るとDo you~?なのかAre you~?なのか混乱してしまったり、三単現のsをつけるのはどんなときなのかわからなかったりしませんか?

現在形の動詞でつまずいてしまうと、今後英語の学習がスムーズに進められなくなってしまいます。しっかりbe動詞・一般動詞の違いを覚えて、文を作れるようにしましょう。

スポンサーリンク

be動詞

be動詞の現在形はam, are, isの3種類あり、主語によって使われるbe動詞は異なります。

am主語がIのときのみ

are主語がyouのときと複数のとき(例 we, you, they, Ken and Takeshi)

is主語がI, you以外で単数のとき(例 he, she, it, the dog)

youは単数(あなたは)と複数(あなたたちは)の意味で使われます。

be動詞は「~です」「(~に)いる・ある」の意味になります。

be動詞のあとは名詞や形容詞(happy, busy, tiredなど)、場所を表す語句(in~, at~)などが使われます。

I am Taro.(私は太郎です。)

I am in Tokyo.(私は東京にいます。)

I am busy.(私は忙しい。)

You are a good baseball player.(あなたは上手な野球選手です。)

He is Mike.(彼はマイクです。)

Shinji is happy.(シンジは幸せだ。)

She is from China.(彼女は中国出身です。)

They are in the room.(彼らは部屋にいます。)

It’s sunny.(晴れています。)

be動詞の否定文・疑問文の作り方

be動詞の否定文は〈be動詞+not〉

疑問文は〈be動詞+主語~?〉

疑問文の答えは〈Yes, 主語+be動詞. / No, 主語+be動詞+not.〉

be動詞の否定文にdon’t、疑問文にdoは必要ありません。

You are a student.(あなたは生徒です。)

→(否定文)You are not a student.(あなたは生徒ではありません。)

→(疑問文)Are you  a student?(あなたは生徒ですか。)

――Yes, I am. / No, I’m not.(はい、そうです。/いいえ、違います。)

you(あなたは)を使う疑問文ではI(私は)で答えます。

ただしAre you students?(あなたたちは生徒ですか。)とyouが複数形で使われているときは、we(私たちは)で答えます。日本語の意味がなくても、studentsと複数形になっていることからyouが複数形と判断できます。

Are you students?(あなたたちは生徒ですか。)

――Yes, we are. / No, we aren’t.(はい、そうです。/いいえ、違います。)

we are notの短縮形はwe’re notも使われます。

Ken is from Australia.(ケンはオーストラリア出身です。)

→(否定文)Ken is not from Australia.(ケンはオーストラリア出身ではありません。)

→(疑問文)Is Ken from Australia?(ケンは生徒ですか。)

――Yes, he is. / No, he isn’t.(はい、そうです。/いいえ、違います。)

疑問詞を使う疑問文は、疑問詞を一番最初に置きます。

Where are you from?(あなたはどこの出身ですか。)

――I’m from Hokkaido.(私は北海道出身です。)

スポンサーリンク

一般動詞

一般動詞にはhave(持っている), want(ほしい), study(勉強する)…などさまざまな動詞があります。

I have two brothers.(私は2人兄弟がいます。)

You want a new book.(君は新しい本が欲しい。)

We study math every day.(私たちは数学を毎日勉強する。)

その他にもたくさんの一般動詞があります。

like(好き), love(大好き), go(行く), run(走る),start(始まる), read(読む),write(書く), hear(聞く), listen(聴く), spak(話す),swim(泳ぐ),play[スポーツを]する、[楽器を]演奏する),use(見る)

一般動詞の否定文と疑問文

否定文→don’t(do not)を動詞の前に置く主語+don’t~〉

疑問文→主語の前にDoを置くDo+主語+動詞~?〉

疑問文の答えは〈Yes, 主語+do. / No, 主語+don’t.〉

主語がI, you以外の単数形のときは別のきまりがあります。

You like tennis.(あなたはテニスが好きです。)

→(否定文)You don’t like tennis.(あなたはテニスが好きではありません。)

→(疑問文)Do you like tennis?(あなたはテニスが好きですか。)

――Yes, I do. / No, I don’t.(はい、好きです。/ いいえ、好きではありません。)

疑問詞を使うときは、疑問詞を一番最初に置きます。

What do you want?(あなたは何が欲しいですか。)

――I want a new bag.(私は新しいバッグが欲しいです。)

What do you do on Sunday?(日曜に何をしてますか。)

――I play soccer on Sunday.(日曜はサッカーをしてます。)

What do you do?は「あなたは何をしてますか?」と職業を尋ねるときに使われます。

be動詞と一般動詞の否定文・疑問文

be動詞と一般動詞の区別ができていないと、否定文・疑問文が正しく書けません。

動詞で混乱していると、次のような間違いが見られます。

Are you want a new bike?(×)→Do you want a new bike?(○)

I don’t a student.(×)→I’m not a student.(○)

次のことに注意しながら、否定文・疑問文を作りましょう。

be動詞(am, are, is)があるとき→否定文はnotを入れるだけ、疑問文はbe動詞を最初に置く

例 You are from Canada. ←are(be動詞)がある!

(否定文)You are not from Canada.(疑問文)Are you from Canada?

be動詞がないとき(want, have, likeなどの一般動詞が使われているとき)→否定文はdon’t、疑問文はDo~?

例 You want a new bike. ←be動詞がない!(一般動詞)

(否定文)You don’t want a new bike.(疑問文)Do you want a new bike?

【問題編】be動詞と一般動詞

次の問題にチャレンジしましょう。

問1 次の文を否定文にしなさい→ He is a teacher.

答えを確認

問2 次の文を否定文にしなさい→ I am from Okinawa.

答えを確認

問3 次の文を疑問文にしなさい→ They are students.

答えを確認

問4 次の文を英文にしなさい→ あなたは忙しい(busy)ですか。

答えを確認

問5 次の文を否定文にしなさい→ I like math.

答えを確認

問6 次の文を否定文にしなさい→ You go to school every day.

答えを確認

問7次の文を疑問文にしなさい→  They listen to music.

答えを確認

問8 次の文を疑問文にしなさい。→  You want a car.

答えを確認

問9 次の文を英文にしなさい→私たちは毎日走ります。

答えを確認

問10 次の文を英文にしなさい→あなたは何が欲しいですか。

答えを確認

まとめ

be動詞と一般動詞の単元はわかりましたでしょうか。be動詞と一般動詞の否定文、疑問文は特に間違えやすいところなので、作り方をよく確認しておきましょう。

am, are, isが使われているときは、don’tやdoを否定文、疑問文で使わないようにしてください。使われていないとき、つまりlikeやhaveなどの一般動詞が使われているときは、否定文ではdon’t、疑問文ではdoを使ってくださいね(主語がI, you, 複数形のとき)。

ただしhappy, busyなどの単語(形容詞)はbe動詞が必要になります。Do you happy?やDo you busy?とはならないので注意してくださいね。(正しくはAre you happy?/Are you busy?)