スピークバディのレベルはどれぐらい?レベルチェックテストとは?

スピークバディのレベルはどれぐらい?レベルチェックテストとは?

AI英会話アプリのスピークバディ、オンライン英会話や英会話教室に通うよりお得だし、スマホでいつでも手軽にできるのが魅力的なアプリです。

でもスピークバディのレベルってどれぐらいの人に向いているのでしょうか。

スピークバディを使ってみたいけれど、レベルはどれぐらいなのか気になる…

どれぐらいのレベルの人がスピークバディを使っているの?

自分の英語のレベルがよくわからないんだけど…

という方に、スピークバディがどれぐらいのレベルに対応しているのか、参考までにスピークバディを1年使った筆者のレベルチェックテスト「ビフォー&アフター」もお伝えしたいと思います。

スピークバディのレベルはどれぐらい?

スピークバディはスピーキング練習のアプリ。話した英語が合っているか、AIが判定します。(日本文→英文スピーキングや、キャラクターとトークするテストも。)

スピークバディのアプリよりスクリーンショット

リスニングやシャドーイングにも使えます。

オンライン英会話のように対面ではないので、自分の英語のレベルが心配な人でも気軽に取り組みやすいのがメリットです。

スピークバディは初級から上級レベルまで幅広く対応、CEFR(*)のA1からB2まで、英検3級~準1級レベルTOEIC L&Rスコア120~940レベルまで対応しています。

* CEFR(セファール)とは言語の習得状況を評価するため国際標準規格です。

  • CEFR A1:英検5~3級、TOEIC L&R 120~220
  • CEFR A2:英検準2級、TOEIC L&R 225~545
  • CEFR B1:英検2級、TOEIC L&R 550~780
  • CEFR B2:英検準1級、TOEIC L&R スコア785~940
  • CEFR C1:英検1級、TOEIC L&R スコア945~990

スピークバディのコンテンツとレベル

スピークバディはCEFRのA1~B2レベルに幅広く対応しています。

’20年10月時点では次のコースがあります。

主要コース

  • 日常会話 … 初級・A2~上級・B2
  • ビジネス … 初級・A2~上級・B2
  • 英会話入門 … 入門・A1

選択コース

  • ニュース英語 … 上級・B2
  • イディオム … 中級・B1~上級・B2
  • 海外旅行 … 初級・A2
  • おもてなし英語 … 中級・B1
  • スモールトーク … 初級・A2
  • オンラインの友人 … 入門・A1~初級・A2

その他にもマンスリー、ジャパンタイムズアルファなど初級レベルから上級レベル向けの時事ネタを扱ったレッスンもあります。

スピークバディのレベルチェックテストとは?

スピークバディでは動画にもあるように、自分のスピーキング力のレベルをチェックすることができます

  • 発音
  • 流暢さ
  • 正確性
  • 表現の幅
  • 文章構成

の5つの観点から、レベル1~10までCEFRのレベルとともに結果が出されます。

レベル一覧

スピークバディのレベルチェックテストでは次のレベル1~10で診断結果が出ます。

  • Level 1 CEFR A1-1 挨拶・簡単な自己紹介ができるレベル
  • Level 2 CEFR A1-2 外国人の友人を作ることができるレベル
  • Level 3 CEFR A1-3 趣味や好きなことについて話すことができるレベル
  • Level 4 CEFR A2-1 英語で困っている旅行者を助けられるレベル
  • Level 5 CEFR A2-2 カジュアルな会話をすることができるレベル
  • Level 6 CEFR B1-1 様々なトピックの会話を楽しむことができるレベル
  • Level 7 CEFR B1-2 英語圏の国で生活することができるレベル
  • Level 8 CEFR B2-1 英語を使って仕事をすることができるレベル
  • Level 9 CEFR B2-2 外国人の部下をもつマネージャーになれるレベル
  • Level 10 CEFR C1 英語圏の国で生活して、働くことができるレベル

スピークバディのレベルチェックテストを利用した方たちのツイートをチェックすると、「採点が甘め」「やり直したら違う結果になった」という声もありましたが、おおむね納得のいく結果が出たようです。

TOEIC945点以上、英検1級の人でもビジネスレベル未満!?

株式会社スピークバディがスピークバディのレベルチェックテストの結果を分析したところ、TOEIC945点以上や英検1級を取得してる半数以上の方がCEFR B2(ビジネスレベル)未満の英会話力だったという驚きの結果も。(参考元URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000017082.html

英検1級も面接があるのですが・・・検定でいいスコアを取るのと実践場面で英語が使えるかどうかは別物ということなのでしょうか。英会話のブランクがあって、すっかり忘れてしまったという方もいるかもしれませんね。

筆者もレベルチェックテストを受けてみた

スピーキングが苦手な筆者もやってみましたが、確かに納得の結果です…(’20年9月22日に実施)。

※塾の先生としてアカンレベルです。精進します。

「筆者もスピークバディを活用して、CEFR B2レベルの英語力を身につけられたら…と思ってます。」と以前この記事をしめくくっていたのですが、1年間スピークバディで英語学習を頑張った後にレベルチェックテストを受けたらこんな結果に。

発音と流暢さは成長ナシ(苦笑)ですが、正確性・表現の幅・文章構成は成長したらしいです。でもB2レベルにはいけました。(たまたまの可能性も否めませんが・・・)ちなみに筆者は執筆時点で英検無級、TOEICも受けてません。

まとめ

スピークバディは中学生レベルから英検準1級レベルまで、簡単な日常会話からニュース英語まで扱っている英会話アプリ。

すでにネイティブと難なく会話できるレベルの方には不要ですが、幅広いレベルに対応した英会話アプリですので、英語のスピーキング力をアップしたいとお考えの方におすすめです。

スピークバディでは7日間の無料トライアルが利用できます。アプリをダウンロードして申し込めばすぐ利用できますが、トライアル期間終了日の24時間前までに解約しないと料金が発生するのでご注意ください。事前にサブスクリプションの解約方法を確認しておくことをおすすめします。

⇒スピークバディApp Store

⇒スピークバディGoogle Play

こちらのアプリもおすすめ(英検2級レベル以上)

PR

ちなみにスピークバディを1年続けた後、筆者が(記事執筆時で)取り組んでるアプリがNHK出版のアプリ「ポケット語学」です。NHKの人気3講座、ラジオ英会話・入門ビジネス英語・実践ビジネス英語が1つのアプリに収録されています。こちらも初回7日間の無料体験が利用できます。

\お申込みはコチラから!/

ポケット語学
  • 人気3講座が1つのアプリで学び放題!
  • ラジオ英会話・入門/実践ビジネス英語収録
  • 月額1,078円(年額プラン10,780円)
  • 読む・聞く・書く・話すトレーニング
  • 初回7日間無料おためし

⇒ポケット語学のレビューはコチラの記事で紹介